拝み屋怪談 壊れた母様の家〈陰〉

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2019年06月14日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784041083048

拝み屋怪談 壊れた母様の家〈陰〉

  • 著者 郷内 心瞳
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2019年06月14日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784041083048

安息は破られた。一本の電話がもたらした、思いがけない邂逅で。

昔、ある人が言った。呪いや祟りに期限など存在しないと。またある時、別の人がこう言った。人は自らの意思で、願いで、欲望で、神を造りあげることができるのだと――。10月半ば、拝み屋を営む著者の許に、電話で一件の相談依頼が舞い込んだ。依頼主は高鳥謙二。謙二は11年前、大きな災いにまつわる相談をしてきた女性で今は亡き、高鳥千草の元夫だった――。全てが終わったはずの忌まわしき災禍が、再び息を吹き返す……。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「拝み屋怪談 壊れた母様の家〈陰〉」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 最後まで見届けたい、一冊。やっぱり長編は飽きなくていい。時系列もバラバラ、しかもすぐに話はガラっと変わる。何が何だかわからない。それでも読み進めるうちにバラバラだったものが化学記号のように手を結び始め 最後まで見届けたい、一冊。やっぱり長編は飽きなくていい。時系列もバラバラ、しかもすぐに話はガラっと変わる。何が何だかわからない。それでも読み進めるうちにバラバラだったものが化学記号のように手を結び始める。あの時のあれがまだ…。なんだか千草さんの印象が変わったな。そして次第に姿を現わすあの時のあの災禍。自分史上最高の恐怖を味わったあの災禍。この先どんな化学反応が起きどんな恐怖が訪れるのか、ここまできたら恐怖よりも最後まで見届けたい、その気持ちでいっぱい。 …続きを読む
    ちょろこ
    2019年08月05日
    98人がナイス!しています
  • まさかの「花嫁の家」の続編!! 私が今までの人生で1番怖いと思った本のつづき! やはり郷内さんの本は長編が良い。「花嫁~」同様時系列や事象の場所が散らばっているので読み初めは「?」何だけれど、読み進め まさかの「花嫁の家」の続編!! 私が今までの人生で1番怖いと思った本のつづき! やはり郷内さんの本は長編が良い。「花嫁~」同様時系列や事象の場所が散らばっているので読み初めは「?」何だけれど、読み進めるごとに点と点が線で結ばれていくさまは鳥肌モノ。これぞ郷内作品の醍醐味!もう実話とかフィクションとか、どうでもいいの。こんなに怖くてゾワゾワして面白いのだもの。今回も早く図書館に返したい!なのに早く「陽」が借りたい!! …続きを読む
    らすかる
    2019年07月30日
    46人がナイス!しています
  • とうとう読んじゃいました。やはり補填として『花嫁の家』の再読は必要かな。ここから読むより怖さは増すかも。シロちゃんという〝何か〟を抱え込んでしまった母娘の陰鬱たる歴史と『花嫁の家』で生き延びた一族の終 とうとう読んじゃいました。やはり補填として『花嫁の家』の再読は必要かな。ここから読むより怖さは増すかも。シロちゃんという〝何か〟を抱え込んでしまった母娘の陰鬱たる歴史と『花嫁の家』で生き延びた一族の終わっていなかった呪縛が交互に語られていく。郷内さんの文章力がますます上がってしまい(苦笑)、また〝実録怪談〟の括りが外れてホラーストーリーとして完成しつつある感が。様々な登場人物が敵味方として登場し、後半は集団戦になるのか?そして四人のうち、消えた一人は誰っ!? …続きを読む
    眠る山猫屋
    2019年07月22日
    42人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品