角川ホラー文庫

拝み屋怪談 壊れた母様の家〈陰〉

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2019年06月14日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784041083048
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

角川ホラー文庫

拝み屋怪談 壊れた母様の家〈陰〉

  • 著者 郷内 心瞳
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2019年06月14日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784041083048

安息は破られた。一本の電話がもたらした、思いがけない邂逅で。

昔、ある人が言った。呪いや祟りに期限など存在しないと。またある時、別の人がこう言った。人は自らの意思で、願いで、欲望で、神を造りあげることができるのだと――。10月半ば、拝み屋を営む著者の許に、電話で一件の相談依頼が舞い込んだ。依頼主は高鳥謙二。謙二は11年前、大きな災いにまつわる相談をしてきた女性で今は亡き、高鳥千草の元夫だった――。全てが終わったはずの忌まわしき災禍が、再び息を吹き返す……。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「拝み屋怪談 壊れた母様の家〈陰〉」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 何人もの人の話が入り混じって展開するので、いつになく内容が分かりにくく、どこで本題に繋がるのか現時点ではピンと来ない。もっと言うなら、少しも話が入って来ない。 正直、続く陽でどこまで核心に近付くのか、 何人もの人の話が入り混じって展開するので、いつになく内容が分かりにくく、どこで本題に繋がるのか現時点ではピンと来ない。もっと言うなら、少しも話が入って来ない。 正直、続く陽でどこまで核心に近付くのか、また読者がきちんと納得出来る結末になっているのか不安…。 …続きを読む
    高宮朱雀
    2019年06月17日
    6人がナイス!しています
  • 『花嫁の家』の続編。 《陰》《陽》の上下の上巻。 《陽》を楽しむための壮大なプロローグ(のはず)。 郷内さんの本を読んでいない人は、すべて読んでからの方が格段に楽しめます。 この本しか読まない人向け 『花嫁の家』の続編。 《陰》《陽》の上下の上巻。 《陽》を楽しむための壮大なプロローグ(のはず)。 郷内さんの本を読んでいない人は、すべて読んでからの方が格段に楽しめます。 この本しか読まない人向けにキーワードの説明が結構反復して入ってくるのですが全部読んでる人には蛇足かな。 『花嫁の家』を読んだときの衝撃は相当だったので、この話も《陽》を読むことで何倍にも楽しめることを期待しています。 それにしても、郷内さんの話は他の実話怪談より奇抜で好きです。 …続きを読む
    夏乃
    2019年06月16日
    4人がナイス!しています
  • このシリーズに関しては毎回知りたいという欲望に駆られてしまうように読んでしまう。残りのボリュームで考えると簡単には終わらないんだろうな~。 夢の内容がどう関わっているのか気になる。 郷内作品は好きなん このシリーズに関しては毎回知りたいという欲望に駆られてしまうように読んでしまう。残りのボリュームで考えると簡単には終わらないんだろうな~。 夢の内容がどう関わっているのか気になる。 郷内作品は好きなんだが読める内は一般で云うところの幸せはないんだろうなというジレンマに陥ってしまう。 …続きを読む
    ぺろん
    2019年06月17日
    2人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品