ワン・モア

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2015年01月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
224
ISBN:
9784041023846

ワン・モア

  • 著者 桜木 紫乃
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2015年01月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
224
ISBN:
9784041023846

人を好きになるということは、こんなに格好の悪いことだったろうか――

どうしようもない淋しさにひりつく心。月明かりの晩よるべなさだけを持ち寄って躰を重ねる男と女は、まるで夜の海に漂うくらげ――。切実に生きようともがく人々に温かな眼差しを投げかける絆と再生の物語。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「ワン・モア」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 高校の同級生3人を軸とした連作短編集。各話に絶望や涙、死の影があるが、最後は幸福な結末となる。桜木紫乃さんの作品では異色だろう。だが読後感は清々しい。個人的には「おでん」での亮太と詩緒の話が好きです。 高校の同級生3人を軸とした連作短編集。各話に絶望や涙、死の影があるが、最後は幸福な結末となる。桜木紫乃さんの作品では異色だろう。だが読後感は清々しい。個人的には「おでん」での亮太と詩緒の話が好きです。絶望のラストと思いながら、エピローグでしっかり救いがある。このエピローグでの幸福感が非常に目映い。各話を通して「死」を感じる絶望感がある。そこを乗り越えたからこそ、エピローグが輝くと思う。人生は様々なことが起こる。必要以上に絶望しなくても良い。希望と可能性を信じて生きていけば良いと思わせてくれた上質な短編集。 …続きを読む
    yoshida
    2017年11月13日
    229人がナイス!しています
  • 文庫にて4年ぶりの再読です。ほとんど?の作品が、決して明るいとは言えず、陰鬱なイメージの中で珍しく?前向きで明るめな作風なのが本作です。開業医「涼音」が大腸癌に侵され、その後の病院をワケありな友人「美 文庫にて4年ぶりの再読です。ほとんど?の作品が、決して明るいとは言えず、陰鬱なイメージの中で珍しく?前向きで明るめな作風なのが本作です。開業医「涼音」が大腸癌に侵され、その後の病院をワケありな友人「美和」に任せるコトに。ちょっとクセのある「美和」のキャラクターがなかなか個性的に描かれ、不思議と惹き付けられます。関わる人々のまっすぐなキモチや、ココロに抱えた悩み、葛藤をシリアスになりすぎるコトなく、淡々と書き綴る作者さんの筆力に改めて感服します。桜木さんの作品が苦手な方もこちらの作品はぜひオススメします。 …続きを読む
    おしゃべりメガネ
    2018年03月28日
    154人がナイス!しています
  • ★★★★ 「大人の恋愛」といえばお洒落に響くけど、本作で表現されているのは、狡くてかっこ悪くてどうしようもない恋愛。大団円を迎えるのは紫乃先生らしくないけど、美和の犬の名前には一片の狂気を感じた。 ★★★★ 「大人の恋愛」といえばお洒落に響くけど、本作で表現されているのは、狡くてかっこ悪くてどうしようもない恋愛。大団円を迎えるのは紫乃先生らしくないけど、美和の犬の名前には一片の狂気を感じた。
    やっさん
    2019年06月15日
    148人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品