試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2015年01月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
224
ISBN:
9784041023846

ワン・モア

  • 著者 桜木 紫乃
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2015年01月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
224
ISBN:
9784041023846

人を好きになるということは、こんなに格好の悪いことだったろうか――

どうしようもない淋しさにひりつく心。月明かりの晩よるべなさだけを持ち寄って躰を重ねる男と女は、まるで夜の海に漂うくらげ――。切実に生きようともがく人々に温かな眼差しを投げかける絆と再生の物語。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「ワン・モア」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 『死』というものと対峙することによって、逆に、生きること、愛すること、そして繋がることの大切さとその喜びを謳ったこの作品。そう、人が力強く歩んで行く、力強く生きていく、そして力強く繋がっていく、そんな 『死』というものと対峙することによって、逆に、生きること、愛すること、そして繋がることの大切さとその喜びを謳ったこの作品。そう、人が力強く歩んで行く、力強く生きていく、そして力強く繋がっていく、そんな未来を垣間見ることのできる喜び、それこそがこの作品の結末に描かれる光景の先にある物語。主人公達の人としての優しさと、人と人との繋がりの先に未来に続いていくそれぞれの道を垣間見るこの作品。しっとりと描かれるその作品世界の中に『死』と対峙することで見えてくる『生』の素晴らしさと喜びがふっと浮かび上がる絶品でした。 …続きを読む
    さてさて
    2021年05月01日
    234人がナイス!しています
  • 高校の同級生3人を軸とした連作短編集。各話に絶望や涙、死の影があるが、最後は幸福な結末となる。桜木紫乃さんの作品では異色だろう。だが読後感は清々しい。個人的には「おでん」での亮太と詩緒の話が好きです。 高校の同級生3人を軸とした連作短編集。各話に絶望や涙、死の影があるが、最後は幸福な結末となる。桜木紫乃さんの作品では異色だろう。だが読後感は清々しい。個人的には「おでん」での亮太と詩緒の話が好きです。絶望のラストと思いながら、エピローグでしっかり救いがある。このエピローグでの幸福感が非常に目映い。各話を通して「死」を感じる絶望感がある。そこを乗り越えたからこそ、エピローグが輝くと思う。人生は様々なことが起こる。必要以上に絶望しなくても良い。希望と可能性を信じて生きていけば良いと思わせてくれた上質な短編集。 …続きを読む
    yoshida
    2017年11月13日
    233人がナイス!しています
  • 北海道を舞台に大人の男女の愛と人生を描く桜木紫乃さんお得意の心に沁みる連作長編小説。柿崎美和は寡黙で決して言い訳せず己の信念を曲げない強い女。木坂昴は初め嫌な野郎だと思っていたけど栄光からの転落と家庭 北海道を舞台に大人の男女の愛と人生を描く桜木紫乃さんお得意の心に沁みる連作長編小説。柿崎美和は寡黙で決して言い訳せず己の信念を曲げない強い女。木坂昴は初め嫌な野郎だと思っていたけど栄光からの転落と家庭の妻との事情を知った後は気の毒な不運な男だと考え直しました。佐藤亮太と詩緒(砂糖塩)、浦田寿美子と赤沢邦夫の夫婦に幸あれ。昴&美和と八木浩一は残念。滝澤鈴音と志田拓郎は残されたすばらしい日々を生き続けるのだ!最後に愛犬リンと5匹の子犬達(すばる、ベニ、ラッキー、ペッパー、ミラクル)みんなに幸せを届けておくれ。 …続きを読む
    夢追人009
    2018年12月09日
    169人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品