恋肌

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2009年12月22日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
216
ISBN:
9784048740111

恋肌

  • 著者 桜木 紫乃
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2009年12月22日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
216
ISBN:
9784048740111

新官能派作家の渾身の一冊。

30歳まで女を抱いたことがない牧場の一人息子・秀一は30歳で花海(ホアハイ)を嫁として迎え入れるが……がんじがらめの人間関係の中で営まれる男女の性愛を鮮烈に描く。“新官能派”作家の傑作集!

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「恋肌」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 久しぶりに私の「切ない」魂に火をつけられた作品。桜木さん作品にありがちな、出てくるオトコたちは、どいつもこいつもみなロクでなし。わかっているのに、オンナは全てを投げ出して、オトコをくるみ込んであげてる 久しぶりに私の「切ない」魂に火をつけられた作品。桜木さん作品にありがちな、出てくるオトコたちは、どいつもこいつもみなロクでなし。わかっているのに、オンナは全てを投げ出して、オトコをくるみ込んであげてる。私自身、やれと言われても絶対できないけど、実は場末の六畳一間のアパートで惚れたオトコと逃避行生活を送る、というのは密かな憧れ(笑)2人で鮮魚市場でパートして、夕飯には缶ビールとほか弁を分けっこして。桜木作品を読むと、しばしその(実現不可能な)空想に浸ることが出来るのです♫ …続きを読む
    ミカママ
    2016年02月07日
    201人がナイス!しています
  • ★★★☆ 題名から察する通り、恋愛とセックスを主軸に据えた短篇集。ロマンティックで激動的な作品はひとつもなく、八方塞がりで退廃的な恋肌劇にため息が続く。でもこの遣り場のない読後感、嫌いじゃない。 ★★★☆ 題名から察する通り、恋愛とセックスを主軸に据えた短篇集。ロマンティックで激動的な作品はひとつもなく、八方塞がりで退廃的な恋肌劇にため息が続く。でもこの遣り場のない読後感、嫌いじゃない。
    やっさん
    2019年08月03日
    127人がナイス!しています
  • 短編6つ。どれも、書き方が丁寧で、文章が肌にまとわりついてくるよう。女たちはみんな男運が悪いのか、男を使って幸せをつかむ術を知らないのか、一人で、はかなくも逞しく生きている。一つ一つの話が濃厚で、舞台 短編6つ。どれも、書き方が丁寧で、文章が肌にまとわりついてくるよう。女たちはみんな男運が悪いのか、男を使って幸せをつかむ術を知らないのか、一人で、はかなくも逞しく生きている。一つ一つの話が濃厚で、舞台は寒いところなのに、女たちの吐く息でねっとりとしていて、読み続けるのがしんどくなることも。その中で、男目線で書かれた表題作でもある『恋肌』は比較的さらりと読みやすかった。ただ恋肌というタイトルは、あまり好みではないかなあ。 …続きを読む
    ケイ
    2015年03月17日
    111人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品