試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2020年07月16日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784041095973

砂上

  • 著者 桜木 紫乃
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2020年07月16日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784041095973

直木賞作家・桜木紫乃が創作の苦しみを克明に描く、新たな到達点!

守るものなんて、初めからなかった――。人生のどん詰まりにぶちあたった女は、 すべてを捨てて書くことを選んだ。母が墓場へと持っていったあの秘密さえも――。直木賞作家の新たな到達点!

メディアミックス情報

NEWS

「砂上」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 北の大地で父のない子として育ち、同じく父なき子を産んだ(妹として育つ)女三代の物語。母(であり祖母)を亡くしても涙ひとつこぼさないふたり。一見クールに見える母娘関係の裏側にあるものを、主人公は小説を書 北の大地で父のない子として育ち、同じく父なき子を産んだ(妹として育つ)女三代の物語。母(であり祖母)を亡くしても涙ひとつこぼさないふたり。一見クールに見える母娘関係の裏側にあるものを、主人公は小説を書き上げるという行為を通じて亡母と真っ向から向かい合う。小説の中の小説、入れ子式な構図は割と好き。イヤな登場人物が出てこないな…と読み進めたら、やっぱり最後に登場。カフェオーナーのばあさん。彼女が世間(のメタファー)というものなのだろう。願わくば、主人公と美利がいつまでも仲良く暮らしていけますように。 …続きを読む
    ミカママ
    2020年09月17日
    482人がナイス!しています
  • 文芸書編集者のたのしみは、未来の売れっ子作家を見つけ出すことである、とむかし何かで読んだことがある。本作の主人公は、37歳で別れた夫から月々5万円の慰謝料を受け続け、ひそかに小説家を目指す四十女。その 文芸書編集者のたのしみは、未来の売れっ子作家を見つけ出すことである、とむかし何かで読んだことがある。本作の主人公は、37歳で別れた夫から月々5万円の慰謝料を受け続け、ひそかに小説家を目指す四十女。その主人公の新人賞応募作品に鋭いツッコミを入れる女編集者との掛け合いが見どころの一つだ。小説家への道筋に向けて、容赦のない言葉で激励する裏に、主人公への深い思いやりを感じます。小説を書きあげる苦しみを綴った私小説のような本作は、桜木さんの新境地の一冊です。 …続きを読む
    じいじ@
    2020年08月22日
    120人がナイス!しています
  • 懸賞に小説を出している、バツイチの女。編集者から連絡があり、小説を書き直していく。その大筋の流れの中での出来事の物語。母の死、16才で娘を出産しているが、母の子としていて姉妹として成長したこと。娘は、 懸賞に小説を出している、バツイチの女。編集者から連絡があり、小説を書き直していく。その大筋の流れの中での出来事の物語。母の死、16才で娘を出産しているが、母の子としていて姉妹として成長したこと。娘は、そのことを知っていたという事実も語られる。アルバイト先の同級生の男とのやり取りと、男の母親からの結婚の話などもある。◎特別な感想という感想はない。なんか、淡々とし過ぎていないかな。話の筋としては、波乱万丈なのに、文章が平坦に流れる。喜怒哀楽の熱を感じなかった。 …続きを読む
    ベイマックス
    2021年05月12日
    95人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品