ワン・モア

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2011年11月28日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
192
ISBN:
9784041100578

ワン・モア

  • 著者 桜木 紫乃
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2011年11月28日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
192
ISBN:
9784041100578

傷はいつかふさがり、ふたたび生まれ変わるだろう――

月明かりの晩、よるべなさだけを持ち寄って肌をあわせる男と女。死の淵の風景から立ちあがる、生の確かなきらめき。つまずいても傷ついても、人生は何度でもやり直せる、きっと――。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「ワン・モア」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 桜木さんの作品は大体読了済ですが、どうしてこの作品をもっと早くに読んでおかなかったのだろうと、とても後悔するくらい素晴らしい作品でした。正直、桜木さんの作品は全体的に「救いのない暗さ」がウリなのかもし 桜木さんの作品は大体読了済ですが、どうしてこの作品をもっと早くに読んでおかなかったのだろうと、とても後悔するくらい素晴らしい作品でした。正直、桜木さんの作品は全体的に「救いのない暗さ」がウリなのかもしれませんが、どうしてかこんなポジティブな内容のお話も書ける方なんだと驚きました。オープニングの章を読み終えたときはいつもの桜木ワールドかと思いましたが、次々にキャラが生き生きしてきて、こんなにもクリアな桜木作品は他にないと思います。桜木さんの‘暗さ’が苦手な方も今作だけは別モノなので、是非ぜひ読んでください! …続きを読む
    おしゃべりメガネ
    2013年12月06日
    170人がナイス!しています
  • 桜木さんあっぱれ。誰もが、暗いい過去を持ちながら、今の自分のために一生懸命に生きている。短編の繋がりが、人と人の繋がりにドラマを感じさせられる。ミラクルは起こすもの、力強い生き方で。トキワ書店の店長、 桜木さんあっぱれ。誰もが、暗いい過去を持ちながら、今の自分のために一生懸命に生きている。短編の繋がりが、人と人の繋がりにドラマを感じさせられる。ミラクルは起こすもの、力強い生き方で。トキワ書店の店長、良かった。ラストは安堵でした。 …続きを読む
    2015年12月22日
    134人がナイス!しています
  • 桜木紫乃さんを読むのは2作目。6編の連作短編集です。『ワン・モア』は他の桜木作品と違うと聞いていましたが本当にそうでした!とっても良かったです☆いろんな大人の恋愛が描かれています。切なかったり、ホッと 桜木紫乃さんを読むのは2作目。6編の連作短編集です。『ワン・モア』は他の桜木作品と違うと聞いていましたが本当にそうでした!とっても良かったです☆いろんな大人の恋愛が描かれています。切なかったり、ホッとしたりして各章の主人公の気持ちになり感情移入しまくりでした。どの章もいいです☆『ラッキーカラー』がお気に入り♪『十六夜』は切なくて辛く『おでん』も好きです♪『ワン・モア』の最後のシーンはとても嬉しかったです★桜木さん好きになりました♡桜木作品が苦手と思われた方がいれば是非こちらの作品も読んで頂きたいです♪ …続きを読む
    ❁かな❁
    2013年12月31日
    115人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品