俺と師匠とブルーボーイとストリッパー

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2021年02月26日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
264
ISBN:
9784041111123

俺と師匠とブルーボーイとストリッパー

  • 著者 桜木 紫乃
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2021年02月26日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
264
ISBN:
9784041111123

「血のつながり」はなくても、そこには家族があった。

【第13回 新井賞受賞決定!】
切ない事情を持ち寄って、不器用な四人が始めた同居生活。

ギャンブルに溺れる父と働きづめの母から離れ、日々をなんとなく生きる二十歳の章介。北国のキャバレーで働きながら一人暮らしをする彼は、新しいショーの出演者と同居することになった。「世界的有名マジシャン」「シャンソン界の大御所」「今世紀最大級の踊り子」……店に現れたのは、売り文句とは程遠いどん底タレント三人。だが、彼らと言い合いをしながらも笑いに満ちた一か月が、章介の生き方を変えていく。『ホテルローヤル』『家族じまい』著者が放つ圧巻の人間ドラマ! このラストシーンは、きっとあなたの希望になる。

桜木紫乃さん直筆メッセージ

大竹まことさん推薦!


おすすめコメント

【HMV&BOOKS HIBIYA COTTAGE 新井見枝香さんコメント】
師走も終わりの北海道、昭和のキャバレーで顔を合わせた、ちぐはぐな4人。
流れ流れてさすらう旅人に背負うものも気負うこともないけれど、だからこそシンプルに人を思いやり、機嫌良く生きることができる。
私にはそれが心地良かった。彼らがキャバレーを旅立ってから先も、ずっとずっと読んでいたいと思った。

メディアミックス情報

NEWS

「俺と師匠とブルーボーイとストリッパー」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 桜木 紫乃は、新作をコンスタントに読んでいる作家です。 昭和50年、場末の釧路のキャバレーの物語、著者ならではの懐かしく猥雑な世界観、堪能しました。グランドキャバレー全盛時代の昭和40年代は、子供だっ 桜木 紫乃は、新作をコンスタントに読んでいる作家です。 昭和50年、場末の釧路のキャバレーの物語、著者ならではの懐かしく猥雑な世界観、堪能しました。グランドキャバレー全盛時代の昭和40年代は、子供だったので、一度グランドキャバレーの世界に足を踏み入れたかったです。 https://www.kadokawa.co.jp/topics/5471 …続きを読む
    starbro
    2021年04月18日
    270人がナイス!しています
  • 1970年代、釧路のキャバレーが舞台。下働きの章介とゲスト三人が寮(ボロ平屋)で奇妙な共同生活。やることがメチャクチャだけど楽しそうで、読んでるこちらも仲間に入ってる気持ちになる。携帯、スマホなどの通 1970年代、釧路のキャバレーが舞台。下働きの章介とゲスト三人が寮(ボロ平屋)で奇妙な共同生活。やることがメチャクチャだけど楽しそうで、読んでるこちらも仲間に入ってる気持ちになる。携帯、スマホなどの通信機器がない時代、そこにはコミュニケーションがあり、強い絆が生まれ、こんなに人との繋がりが素敵なものなのかと思う。この三人と一緒に生活してたら、別れる時は、章介でなくても寂しさを感じて泣いてしまう。心がじんわりする。この物語の登場人物達が自分の心の中に思い出として残りそうだ。【サイン本】 …続きを読む
    しんごろ
    2021年03月31日
    257人がナイス!しています
  • タイトルそのままの作品。たった一ヶ月の事がじんわりと沁みる。道東・釧路のキャバレーで働く20歳の章介と、新しい出演者3人の織りなす情にすっかり虜になる。風の冷たさ、ショーに集う酔客の喧騒、お酒や化粧の タイトルそのままの作品。たった一ヶ月の事がじんわりと沁みる。道東・釧路のキャバレーで働く20歳の章介と、新しい出演者3人の織りなす情にすっかり虜になる。風の冷たさ、ショーに集う酔客の喧騒、お酒や化粧の混ざった匂い、狭い部屋で背中に感じる肌の温もりまで感じさせて桜木紫乃が好い。師匠とシャネルやひとみに魅入られ、交わした言葉の端々が心の奥底までガツンと私を捉えて離さない。もう一度会いたいと願った私を嬉し涙にさせるラストも大好きだ。 …続きを読む
    いつでも母さん
    2021年04月05日
    205人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品