試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

作品特設サイト
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2013年11月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
416
ISBN:
9784041010556

万能鑑定士Qの探偵譚

  • 著者 松岡 圭祐
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2013年11月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
416
ISBN:
9784041010556

ヒロイン・コージーミステリの原点、最高傑作!

波照間に戻った凜田莉子と小笠原悠斗を待ち受ける新たな事件。悠斗への想いと自らの進む道を確かめるため、莉子は再び「万能鑑定士Q」として事件に立ち向かい、羽ばたくことができるのか?

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「万能鑑定士Qの探偵譚」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • やっぱりこのシリーズは面白いなぁ。    いい謎を用意してくれる。    今回は主人公の凜田莉子というキャラクターに焦点を当てて、万能鑑定士Qの帰還を描いているのも良い。    小笠原の存在感がすっか やっぱりこのシリーズは面白いなぁ。    いい謎を用意してくれる。    今回は主人公の凜田莉子というキャラクターに焦点を当てて、万能鑑定士Qの帰還を描いているのも良い。    小笠原の存在感がすっかり重量級になってしまったのも最初からシリーズを追ってる者としてみれば感慨深いですね。    次が楽しみです。 …続きを読む
    nayu
    2014年01月31日
    117人がナイス!しています
  • 短編集Ⅰにつづいてこれを。やはり推理劇シリーズを飛ばしたせいか、莉子にちょっと違和感を感じたまま終わってしまった…二人の距離が少し進展したのはいいのだが、事件簿以降の動きが不明なのでどうもすっきりしな 短編集Ⅰにつづいてこれを。やはり推理劇シリーズを飛ばしたせいか、莉子にちょっと違和感を感じたまま終わってしまった…二人の距離が少し進展したのはいいのだが、事件簿以降の動きが不明なのでどうもすっきりしないw 今回は、うんちく・雑学、事件より、二人の仲がどうなるかに軸があったようなので、それらは、刺し身のツマみたいなものだ。小笠原の煮え切らない態度にも飽き飽きしたところだから、そろそろなんとかしてほしいところだwww …続きを読む
    どんちん
    2014年07月23日
    102人がナイス!しています
  • 前回の 推理劇Ⅳ で沖縄に帰り、終わったと思いこんでいた。しかし、奇数月の発売で復活!裏社会で頂点を極めたコピアが前回は、あっさりし過ぎで拍子抜け感あったのは、こうゆう落ちだったんだ。兄弟の差が有り過 前回の 推理劇Ⅳ で沖縄に帰り、終わったと思いこんでいた。しかし、奇数月の発売で復活!裏社会で頂点を極めたコピアが前回は、あっさりし過ぎで拍子抜け感あったのは、こうゆう落ちだったんだ。兄弟の差が有り過ぎるのが、若干気になるが凄い。莉子と悠斗の助け合う心理描写も良かった。悠斗の頼りがいのある変化も嬉しい。今後の推理や二人の行く末も楽しみ。 ともかく、松岡圭祐さんのこの作品は、サクッと読め楽しめる。 …続きを読む
    にいにい
    2013年11月25日
    91人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品