試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

作品特設サイト
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2010年08月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784043836468

万能鑑定士Qの事件簿V

  • 著者 松岡 圭祐
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2010年08月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784043836468

フランスに飛んだ凜田莉子を襲う怪事件。パリを駆け、謎を解け!!

パリ旅行を計画した莉子だが、天然で劣等生だった教え子を心配した恩師・喜屋武先生が同行することに! でこぼこコンビを迎えたのは、一流レストランの不可解な事件だった。書き下ろし<Qシリーズ>第5弾!

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「万能鑑定士Qの事件簿V」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 小学校の算数の問題にしっかりとひっかかってしまった(泣)よくもまぁこんな問題を考えたなぁと関心してしまう。この問題のために莉子をパリに飛ばすとはずいぶんと大掛かりなセッティングだ!と思いたくなるほど。 小学校の算数の問題にしっかりとひっかかってしまった(泣)よくもまぁこんな問題を考えたなぁと関心してしまう。この問題のために莉子をパリに飛ばすとはずいぶんと大掛かりなセッティングだ!と思いたくなるほど。ご都合主義すぎだし、偶然が重なりすぎだし。。。と突っ込みたくはなるが、それを横においてもいいくらい楽しめた。莉子の天然性が薄れてきていると感じる中、空港での卒業証書授与ではうれしさより恥ずかしさが先にでて、やめるかなと思ったが、素直に受け取ったところなどまだまだ感受性豊かな莉子が残っていると少し安心。 …続きを読む
    どんちん
    2013年11月14日
    244人がナイス!しています
  • 万能鑑定士シリーズVの舞台は、なんとフランスはパリ。パリと言えば、なにはともあれルーブル美術館。オルセーもオランジュリーもあるし、きっとダビンチコードのような謎解きかな・・、とモナリザの絵に莉子が違和 万能鑑定士シリーズVの舞台は、なんとフランスはパリ。パリと言えば、なにはともあれルーブル美術館。オルセーもオランジュリーもあるし、きっとダビンチコードのような謎解きかな・・、とモナリザの絵に莉子が違和感を感じた時は思ったのだけど。実は違ったのです。今回は料理、つまりフランス料理でして、フォアグラが事件のキイでした。それと今回は、莉子の鑑定眼というより、超人的な洞察力や観察眼それに注意力の発揮でした。沖縄時代の恩師の恋や高校時代の恋心も描かれていい感じ。でも、なんでパリ旅行に行くことになったんでしたっけ? …続きを読む
    kishikan
    2015年10月27日
    212人がナイス!しています
  • 今回はフランスが舞台の、パリの一流レストランで起こった事件の真相に迫るお話。今回は小笠原の出番がほとんどなかったけど、その代わりに喜屋武先生と楚辺くんが頑張っててなかなか面白かった。ルーブルとモナリザ 今回はフランスが舞台の、パリの一流レストランで起こった事件の真相に迫るお話。今回は小笠原の出番がほとんどなかったけど、その代わりに喜屋武先生と楚辺くんが頑張っててなかなか面白かった。ルーブルとモナリザも出てきたけど映画にもなったそのお話を読むのはもう少し先なんだなあ。 …続きを読む
    れみ
    2014年11月05日
    190人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品