万能鑑定士Qの事件簿 II

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

作品特設サイト
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2010年04月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784043836437

万能鑑定士Qの事件簿 II

  • 著者 松岡 圭祐
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2010年04月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784043836437

誰が、どうやって作ったのか!?万能鑑定士は究極の偽札に挑む!

精巧な偽札に翻弄され、ハイパーインフレーションに陥った日本! 凜田莉子はわずかな手がかりを元にたった独りで犯人を追う。莉子は、パーフェクトな偽札の謎を暴き、未曽有の危機から国家を救うことができるのか!

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「万能鑑定士Qの事件簿 II」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 200ページを超えたあたりで本当に話が収束するのか不安になりました。まさか3巻に続くとか?いや、見事に伏線を回収して着地を決めてくれました。なんの予備知識もなく読んだので、最後はF15戦闘機でも出て来 200ページを超えたあたりで本当に話が収束するのか不安になりました。まさか3巻に続くとか?いや、見事に伏線を回収して着地を決めてくれました。なんの予備知識もなく読んだので、最後はF15戦闘機でも出て来て力技があるのかと思ってましたが、こういうのもありですね★ …続きを読む
    勇波
    2014年07月26日
    516人がナイス!しています
  • へぇ~そういう結末できたか。根拠なく勝手な想像であったが、エンディングはハッピーエンドだとばかり思っていた。なので、超インフレの収束により\良心的な価格\で販売を続けたチープグッズの経営が安泰になる、 へぇ~そういう結末できたか。根拠なく勝手な想像であったが、エンディングはハッピーエンドだとばかり思っていた。なので、超インフレの収束により\良心的な価格\で販売を続けたチープグッズの経営が安泰になる、超インフレの引き金となった偽札は例の二人が社長への恩返しに画策した事件等々、全く予想がはずれた・・・(わかっていたが)私には、高度なロジカルシンキングはできないようだwww 謎解きフェーズのため、Ⅰほどコミカルさはなくなったが、最後までいいテンポで展開され楽しく読めた。次の事件は一体何だろう?Ⅲへ突入! …続きを読む
    どんちん
    2013年11月08日
    494人がナイス!しています
  • こういうミステリ好きだな。軽く読めて、雑学的な知識も得られて、通勤途上とか昼休みとか、ちょっとした時間に読むにはベストマッチ。力士シールについては、実在の話なのでもう少し凝った謎解きにして欲しかったけ こういうミステリ好きだな。軽く読めて、雑学的な知識も得られて、通勤途上とか昼休みとか、ちょっとした時間に読むにはベストマッチ。力士シールについては、実在の話なのでもう少し凝った謎解きにして欲しかったけど。でも万能鑑定士凛田莉子というキャラクターはとてもいいね。偽札製造の謎については、Ⅱに入ってずーっと考えていたら、思いついてしまいました。ってことで、伏線が多すぎると本当にそんな風になるの?と?が一杯。でもそれはライトミステリの常。それと偽札作りは、重罪だから瀬戸内親子が可哀そう。あの結末で良かったのかな。 …続きを読む
    kishikan
    2015年06月28日
    357人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品