マツリカ・マハリタ

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2013年08月30日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
288
ISBN:
9784041105337

マツリカ・マハリタ

  • 著者 相沢 沙呼
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2013年08月30日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
288
ISBN:
9784041105337

本当に、お前は犬みたいに怪談を拾ってくるのね

孤独な学園生活を送っている高校2年生の柴山祐希。ある日「一年生のりかこさん」の怪談話をクラスメイトから聞く。謎を解決するため、学校近くの廃墟ビルに住む謎の美少女・マツリカさんの下を訪れるが…。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「マツリカ・マハリタ」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 目の前にある透明な壁を壊す呪文を教えてほしい。新しい花が咲いてクラスが変わっても簡単に治らない負け犬根性。知られたくない、解ってほしい、走り去る仮入部一年生の葛藤。誰かに似ている。解らない、知りたい、 目の前にある透明な壁を壊す呪文を教えてほしい。新しい花が咲いてクラスが変わっても簡単に治らない負け犬根性。知られたくない、解ってほしい、走り去る仮入部一年生の葛藤。誰かに似ている。解らない、知りたい、写真部殺フィルム事件の真相。重ねたのは自分の姿。知ってしまった、解ってしまった、永遠の別れに触れる感覚。魔法が解けていく。絡みついた黒髪がほどけて、白い肌のぬくもりが離れ、甘やかにくすぐる香りさえも消えてしまう。本当は知っていた、傍にいることに理由なんていらないと。やっと解った、あなたの心の扉を開く呪文を。 …続きを読む
    ちはや@灯れ松明の火
    2014年04月07日
    133人がナイス!しています
  • マツリカその2。短編集。それまでの伏線を回収していった最後のオチにはびっくりだがいい終わり方だった。 マツリカその2。短編集。それまでの伏線を回収していった最後のオチにはびっくりだがいい終わり方だった。
    ダイ@2019.11.2~一時休止
    2014年07月05日
    92人がナイス!しています
  • 廃ビルに住まう謎の美女・マツリカさんと芝山くんは卒業式のあとも、意外というか、やはりというかこりもせずまだ学校の怪奇に挑んでいて。短編ひとつひとつで語られる謎が『マジョルカ』より弱くなってしまっている 廃ビルに住まう謎の美女・マツリカさんと芝山くんは卒業式のあとも、意外というか、やはりというかこりもせずまだ学校の怪奇に挑んでいて。短編ひとつひとつで語られる謎が『マジョルカ』より弱くなってしまっているが、全ては最後にまっすぐマツリカさんの正体に繋がって行く軌跡。彼女が消えてしまわないように願いながらも彼女だけが変わっていないのがとても不安定に見え、本当に弱いのは誰よりも彼女だったのだろうと思うと切なくなる。対象的に主人公は少しずつ変わり始め…。不安定さが不思議な雰囲気を支える、仄暗い青春ミステリ。 …続きを読む
    くろり - しろくろりちよ
    2013年11月29日
    89人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品