マツリカ・マジョルカ

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2012年02月29日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
256
ISBN:
9784041101155

マツリカ・マジョルカ

  • 著者 相沢 沙呼
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2012年02月29日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
256
ISBN:
9784041101155

柴犬、おいで。事件を解決してあげる。

柴山祐希、高校1年生。冴えない学園生活が、謎の美少女――マツリカと出会い一変した。パシリ扱いされる憤りと、男子的モヤモヤ感の狭間で揺れながら学園の謎を解明する。ビタースイートな青春ミステリ。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「マツリカ・マジョルカ」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • うまく話すこともできなくて、友だちもいなくて、もうそれでいいやなんて思って思おうといてる主人公柴犬もとい芝山。フと上を見上げたら、廃ビルから飛び降りようとしていた、ように見えたマツリカさんとのボーイミ うまく話すこともできなくて、友だちもいなくて、もうそれでいいやなんて思って思おうといてる主人公柴犬もとい芝山。フと上を見上げたら、廃ビルから飛び降りようとしていた、ように見えたマツリカさんとのボーイミーツガール。いじけた主人公の気持ちとか、魔女のように振る舞い命も貞操も大事じゃないと言いながら必至で学校を見つめるマツリカさんとか、素直じゃないけど読みとって欲しい、行間から溢れ出す気持ちに気付いて欲しい。この裏の心の描写が好きすぎる。そして装丁も好みすぎます。オマケ:ふとももフェチは健全だと主張したい。 …続きを読む
    くろり - しろくろりちよ
    2012年05月05日
    141人がナイス!しています
  • 安楽椅子探偵の日常の謎。主人公はマツリカよりも小西さんとコンビを組めばいいのに。 安楽椅子探偵の日常の謎。主人公はマツリカよりも小西さんとコンビを組めばいいのに。
    ダイ@2019.11.2~一時休止
    2014年06月15日
    103人がナイス!しています
  • 無彩色の世界にころりと転がった艶々弾けるような苺が一つ。真赭の甘く愛しい果実を齧れば、零れ出るのは緋色の果汁。君の白い肌を掻き切った時に飛び散る鮮血の色と同じ。ストロベリィの甘い香料。白く可憐な花の名 無彩色の世界にころりと転がった艶々弾けるような苺が一つ。真赭の甘く愛しい果実を齧れば、零れ出るのは緋色の果汁。君の白い肌を掻き切った時に飛び散る鮮血の色と同じ。ストロベリィの甘い香料。白く可憐な花の名を持つ君に引きずりまわされくらくら踊るはマジョルカ・民族舞曲。慣れぬリズム四分の三拍子。たたらを踏みながらそれでも踊れば色づく世界。灰色の雑居ビル、夜闇の濃藍色、アリスワンピースの水色、夕焼けの橙、唐揚げの茶、唇の桜色、そして太ももの鮮烈な白。色の名前を知ったから白と黒で終わるより、赤と白で締めたくなったんだ …続きを読む
    ひめありす@灯れ松明の火
    2012年05月18日
    99人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品