角川文庫

テンペスト 第四巻 冬虹

真鶴に懐妊の兆し──。琉球王国の崩壊が刻々と迫る中、真鶴たちがたどる運命の行方は!?  歴史大作、ついに最終章!

発売日:
2014年09月15日
商品形態:
電子書籍
テンペスト 第四巻 冬虹 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

角川文庫

テンペスト 第四巻 冬虹

真鶴に懐妊の兆し──。琉球王国の崩壊が刻々と迫る中、真鶴たちがたどる運命の行方は!?  歴史大作、ついに最終章!

  • 著者 池上 永一
発売日:
2014年09月15日
商品形態:
電子書籍

真鶴に懐妊の兆し──。琉球王国の崩壊が刻々と迫る中、真鶴たちがたどる運命の行方は!?  歴史大作、ついに最終章!

昼間は孫寧温として王府に勤め、夜は側室に戻るという二重生活を送っていた真鶴。ある日、尚泰王の子を身籠もったことが発覚。女として産むべきか、男として目を背けるべきか。悩んだ末、真鶴は母になることを決意する。近代化の波が押し寄せ、王国は崩れようとしていた。数奇な運命を背負った母子の未来に、希望の虹は架かるのか!? 忘れがたき雅博との恋の行方は!? 嵐吹く波瀾万丈の人生が、いよいよクライマックスを迎える!

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「テンペスト 第四巻 冬虹」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 否応なく押し寄せる列強の足音と、近代化の波。王国滅亡へのカウントダウン。最終巻。 否応なく押し寄せる列強の足音と、近代化の波。王国滅亡へのカウントダウン。最終巻。
    enana
    2019年03月16日
    84人がナイス!しています
  • 最終巻で歴史が大きく動くのを感じました。琉球王国が最期の時を迎えようとするとき、王が、宮中の男たちと女たちがどう生きるのでしょうか。寧温と真鶴の二重生活も懐妊により選択を迫られます。そして母になること 最終巻で歴史が大きく動くのを感じました。琉球王国が最期の時を迎えようとするとき、王が、宮中の男たちと女たちがどう生きるのでしょうか。寧温と真鶴の二重生活も懐妊により選択を迫られます。そして母になることを選んだ真鶴。女として産むべきか、男として避けるべきか悩んだ結果が母だったのです。寧温と真鶴が同一人物と知られ、王宮を出ることになっても、明を育てる日々は幸せな時間だったと思います。同じ日本に独自の文化を持つ国があった神秘は永遠に色褪せず、時間の流れに存在し続けているのでしょうね。 …続きを読む
    優希
    2015年07月03日
    78人がナイス!しています
  • 終わったぁ~。怒涛のように琉球王朝に押し寄せる波乱、そして王宮の中で繰り広げられる愛憎劇、そうした中で結実しない男女の愛がこの4巻の長編の中に見事に描かれていました。僕としては第2巻のグロテスクな部分 終わったぁ~。怒涛のように琉球王朝に押し寄せる波乱、そして王宮の中で繰り広げられる愛憎劇、そうした中で結実しない男女の愛がこの4巻の長編の中に見事に描かれていました。僕としては第2巻のグロテスクな部分を簡略化し、琉球王朝の終わりの部分をもう少し丁寧に描いて欲しかったのだけれど、全体構成としては難しかったのかもしれませんね。それに、真美那の現代風言葉遣いもちょっとね。それはそれとして、人の気持ちを琉歌というカタチで所々に散りばめ、沖縄の心の原点を大河ドラマ仕立てで提供してくれた、池上さんには大いに感謝! …続きを読む
    kishikan
    2011年06月23日
    75人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品