試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2020年08月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
384
ISBN:
9784041095713

ヒストリア 上

  • 著者 池上 永一
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2020年08月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
384
ISBN:
9784041095713

3冠達成、鬼才・池上永一が描く壮大なエンターテインメント!

第二次世界大戦の沖縄地上戦で家族とすべてを失い、魂(マブイ)を落としてしまった知花煉(ちばなれん)。戦後の闇市で一時の成功を収めたのも束の間、米軍のお尋ね者となった煉は、新天地を求めて南米ボリビアへと渡る。しかしそこも楽園ではなかった。移民にあてがわれたのは伝染病が蔓延する未開の地。呆然とする煉に、米諜報機関CICの魔手が迫る。一方、魂が分裂したもう一人の煉は、若き革命家チェ・ゲバラに出会い恋に落ちてしまった……。

もくじ

第一章 私の長い死に際
第二章 さよなら私の少女時代
第三章 新大陸でのデビュー戦
第四章 風の中の初恋
第五章 正真正銘の私
第六章 二つの魂の衝突
第七章 魂の螺旋飛行

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「ヒストリア 上」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 【私は死に際なんだし、もうすぐ死ぬのだから、最期の瞬間だけは私の好きなようにしていい。死に際は何人にも侵されない最後の自由なのだ】一九四五年三月の沖縄に吹き荒れた鉄の暴風。この世の地獄で魂(マブイ)を 【私は死に際なんだし、もうすぐ死ぬのだから、最期の瞬間だけは私の好きなようにしていい。死に際は何人にも侵されない最後の自由なのだ】一九四五年三月の沖縄に吹き荒れた鉄の暴風。この世の地獄で魂(マブイ)を落としてしまった少女。池上さんらしいブレーキのぶっ壊れた島人魂が炸裂する破天荒エンタメ、並外れた才覚と気概を宿した主人公がとにかくヒドイ目に遭うのはもはやお約束。戦後の米軍占領下沖縄でドン底から這い上がったのも束の間、スパイ容疑でCICから狙われる身となり、藁にもすがる思いで南米へと逃れるが……。 …続きを読む
    活字スキー
    2020年10月15日
    21人がナイス!しています
  • 第二次世界大戦の沖縄戦から物語は始まる。主人公は戦災孤児の少女、知花煉。戦争で「魂(マブイ)」を失くし、諸事情により戦後の日本を抜け出し、南米ボリビアへ。波瀾万丈のロードノベルの様相を含みながら、伝わ 第二次世界大戦の沖縄戦から物語は始まる。主人公は戦災孤児の少女、知花煉。戦争で「魂(マブイ)」を失くし、諸事情により戦後の日本を抜け出し、南米ボリビアへ。波瀾万丈のロードノベルの様相を含みながら、伝わり難い現代史が刻まれる。浮き沈みが激しい「煉」の人生、だけどなんだか楽天的で渇いている。次々と展開が気になり読み進めてしまう。「私」と「わたし」一人称の視点でスピードを持って動く。物語だからね、このぐらい浮き沈みが激しくて、飛ばした感じが小気味良い。熱いボリビアでの出会いから、怒涛の展開の下巻へ。 …続きを読む
    アオヤマ君
    2020年10月28日
    9人がナイス!しています
  • 作中の言葉を借りて表せば、『戦争のせいで、どんな衝撃にも耐えられる免疫がついてしまった』という知花煉が『別にスリルを味わうために生きているわけではないのに』『いつも一か八かの瀬戸際を行くのか』と自問自 作中の言葉を借りて表せば、『戦争のせいで、どんな衝撃にも耐えられる免疫がついてしまった』という知花煉が『別にスリルを味わうために生きているわけではないのに』『いつも一か八かの瀬戸際を行くのか』と自問自答する話…だな。前半の胸くそが悪くなるほどのやられ具合と後半の荒唐無稽一歩手前っぷりはいつもの池上ワールド。さあ、下巻へ。 …続きを読む
    NBかえる同盟
    2020年09月13日
    5人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品