試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2020年08月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
384
ISBN:
9784041095720

ヒストリア 下

  • 著者 池上 永一
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2020年08月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
384
ISBN:
9784041095720

構成20年、『テンペスト』『黙示録』の著者が全身全霊で挑んだ超大作!

移民先の南米ボリビアで苦心惨憺の日々を送る知花煉(ちばなれん)。プロレス女王のカルメンや日系人カルロス兄弟という仲間を得て、農業や商売に奮闘していた矢先、煉は米国の謀略に巻き込まれ、空賊となって密輸を手伝う羽目に陥る。一方、チェ・ゲバラが革命に成功したキューバで、核戦争の危機が迫っていた。米ソ一触即発の裏で、煉は戦争阻止に動くが……。果たして煉は魂を取り戻すことができるのか? 激賞を受けた著者最高傑作!

もくじ

第八章  騙し騙される私
第九章  西側の私と東側の私
第十章  私の戦争の終わらせ方
第十一章 私が愛した革命家
第十二章 私の魂の行方
第十三章 私の魂の還る場所

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「ヒストリア 下」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 【一九六七年十月九日、政府軍はゲリラたち全員を射殺した。ボリビアで十月九日は何の記念日でもない。わたしは暗闇のなかで平和を祈り続けた。さようなら、愛しのエルネスト】南米の地を駆け回り飛び回り這い回り、 【一九六七年十月九日、政府軍はゲリラたち全員を射殺した。ボリビアで十月九日は何の記念日でもない。わたしは暗闇のなかで平和を祈り続けた。さようなら、愛しのエルネスト】南米の地を駆け回り飛び回り這い回り、疾風怒濤にして波乱万丈という言葉すら生ぬるい日々をひた走る知花煉。マブイを落とした側と落とされた側という、二人の煉が交わりそうで交わらないアクロバティックな設定をフルに活かしたトンデモ・ヒストリカル・エンタメの傑作。池上永一の島人魂は伊達じゃない!己のマブイを取り戻せ! …続きを読む
    活字スキー
    2020年10月23日
    20人がナイス!しています
  • 現代史のメジャーな事件に関わる煉。物語だからね。登場人物は派手だよ。オートバイ走る、飛行機も飛ぶ。戦争、革命、移民、南米の自然。ヒストリア、語られない歴史か。複雑な問題が登場人物達と絡み合う。登場人物 現代史のメジャーな事件に関わる煉。物語だからね。登場人物は派手だよ。オートバイ走る、飛行機も飛ぶ。戦争、革命、移民、南米の自然。ヒストリア、語られない歴史か。複雑な問題が登場人物達と絡み合う。登場人物達がどこか明るいのが読んでいて楽しい。煉の「魂(マブイ)」は見つかるのか?読後は、寝苦しい夜に見た夢のような感じ。「私」と「わたし」のペースにハマると楽しめる。そして、最後の一文。 …続きを読む
    アオヤマ君
    2020年10月28日
    9人がナイス!しています
  • 沖縄の現代史とボリビア移民を下敷きに、ヒロイン・知花煉の波瀾万丈の人生を…っていう池上ワールド。読んでいて疲れるほどに没落と成り上がりを繰り返すヒリヒリする展開ではあるのだが、マブイ落ちのせいで「私」 沖縄の現代史とボリビア移民を下敷きに、ヒロイン・知花煉の波瀾万丈の人生を…っていう池上ワールド。読んでいて疲れるほどに没落と成り上がりを繰り返すヒリヒリする展開ではあるのだが、マブイ落ちのせいで「私」と「わたし」の展開になった以降少々読みづらくなった感じもする。最後まで読み通しての、あの最後の一行は凄いなあ。 …続きを読む
    NBかえる同盟
    2020年09月20日
    3人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品