試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2012年07月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784041003886

楠の実が熟すまで

  • 著者 諸田 玲子
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2012年07月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784041003886

密命を受け潜入した女隠密・利津の運命は? ミステリー長編時代小説!

将軍家治の安永年間、京の禁裏での出費が異常に膨らみ、経費を負担する幕府は公家たちに不正があるのではないかと睨む。密命が下り、御徒目付の姪・利津が女隠密として下級公家のもとへ嫁ぐ。闘いが始まる!
  • ニコニコカドカワ祭り2021
    ニコニコカドカワ祭り2021

メディアミックス情報

NEWS

「楠の実が熟すまで」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 読みたい本に登録していてやっと時期到来。だがしかし、やっぱり既読の作品だった。あぁ、あるあるだけど自分が情けない。利津は諸田さんの描く女性だなぁと、するりと作品の中に入って行ける。隠密御用で嫁いだはず 読みたい本に登録していてやっと時期到来。だがしかし、やっぱり既読の作品だった。あぁ、あるあるだけど自分が情けない。利津は諸田さんの描く女性だなぁと、するりと作品の中に入って行ける。隠密御用で嫁いだはずが先妻の残した幼子を我が子のように慈しみ、夫にも情が湧く利津の気持ちが良かった。【再読本】 …続きを読む
    いつでも母さん
    2021年06月28日
    172人がナイス!しています
  • 任務と妻として母としての思いのはざまで、苦悩する姿が切なく感じました。展開も早く誰を信じたら?再読なのにラストまでドキドキしました。でも諸田さんらしい優しげな語り口で後味もよかった。 任務と妻として母としての思いのはざまで、苦悩する姿が切なく感じました。展開も早く誰を信じたら?再読なのにラストまでドキドキしました。でも諸田さんらしい優しげな語り口で後味もよかった。
    朝顔
    2017年01月19日
    56人がナイス!しています
  • 史実を基に、公家の不正を暴くために目付の叔父から頼まれ、高屋家に嫁ぐ利津。義理の子と親子の情がわき、夫の誠実さを知り思い悩むところは諸田さんらしさ全開。不正が暴かれ、結果はするすると運び、運命に翻弄さ 史実を基に、公家の不正を暴くために目付の叔父から頼まれ、高屋家に嫁ぐ利津。義理の子と親子の情がわき、夫の誠実さを知り思い悩むところは諸田さんらしさ全開。不正が暴かれ、結果はするすると運び、運命に翻弄された義理の子どもとの対面に安堵する。巻末に同じ題材で平岩弓枝さんも書いているとあり、興味深い。 …続きを読む
    baba
    2021年04月08日
    35人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品