角川文庫

梅もどき

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2019年01月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
512
ISBN:
9784041074114
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

角川文庫

梅もどき

  • 著者 諸田 玲子
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2019年01月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
512
ISBN:
9784041074114

私の中には、天下をとった徳川家と、その敵となった豊臣家の血が流れている

関ヶ原の戦いで徳川勢力に敗北した父を持ち、のちに家康の側室となり、寵臣に下賜されたお梅の方。数奇な運命に翻弄されながらも、戦国時代をしなやかに生きぬいた実在の女性の知られざる人生を描く感動作。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「梅もどき」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 本多弥八郎(正純)とお梅(梅香尼)の一種の純愛物語。諸田作品としては色っぽさが少なくサラッとしているのは本多正純というキャラのせいだろうか。「あとがき」で、家康の十余名に上る側室側妾の中に本多正純に下 本多弥八郎(正純)とお梅(梅香尼)の一種の純愛物語。諸田作品としては色っぽさが少なくサラッとしているのは本多正純というキャラのせいだろうか。「あとがき」で、家康の十余名に上る側室側妾の中に本多正純に下賜された女性がいることを知ってがぜん興味を覚えたと書かれている。相思相愛の二人が結ばれるようにと下賜するほど家康が粋な人だったとは思えないけど、まあ、それはそれとして「あとがき」で紹介されている『汚名』(杉本苑子)も読んでみよう。 …続きを読む
    真理そら
    2019年01月26日
    26人がナイス!しています
  • 本多弥八郎とその側室お梅の夫婦の物語。蟄居を命じられて15年、死を目前にした弥八郎の視点と、15歳の娘時代からのお梅の視点とが交互に描かれていて、最初は戸惑いましたが、慣れると同じ出来事を双方の視点か 本多弥八郎とその側室お梅の夫婦の物語。蟄居を命じられて15年、死を目前にした弥八郎の視点と、15歳の娘時代からのお梅の視点とが交互に描かれていて、最初は戸惑いましたが、慣れると同じ出来事を双方の視点から読めて面白かったです。それにしても、戦国時代の女性は例え姫様であったとしても、というか、姫様だからこそ取引の道具と見られていたわけで、お梅のように想い人と結ばれることはほとんどなかったんでしょうね。 …続きを読む
    陽ちゃん
    2019年04月26日
    4人がナイス!しています
  • 徳川家康の家臣、本田正純の側室お梅の物語。お梅自身が徳川と豊臣両家の血を引き戦国の世を生き抜いていきます。政略結婚や政争というと諸外国のことばかり浮かぶのですが、日本でも多々おこなわれてその中でいろい 徳川家康の家臣、本田正純の側室お梅の物語。お梅自身が徳川と豊臣両家の血を引き戦国の世を生き抜いていきます。政略結婚や政争というと諸外国のことばかり浮かぶのですが、日本でも多々おこなわれてその中でいろいろなドラマがあったことをこういう小説は教えてくれます。本田正純が最後の失脚しているのは知らなかったのですが、江戸幕府が開かれた直後から幕府内での権力争いは熾烈だったのですね。正純とお梅の仲はずいぶん純愛風に感じました。 …続きを読む
    yuga
    2019年02月19日
    3人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品