サッカーボーイズ 14歳 蝉時雨のグラウンド

サッカーボーイズ 14歳 蝉時雨のグラウンド 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2011年10月20日
商品形態:
電子書籍

サッカーボーイズ 14歳 蝉時雨のグラウンド

  • 著者 はらだ みずき
発売日:
2011年10月20日
商品形態:
電子書籍

きっと、夢中になれるものがある。

2年生になり、キャプテン武井遼介を中心に新チームが動き始めた桜ヶ丘中学サッカー部。ゴールキーパー経験のあるオッサが野球部をやめて入部するも、シュートを怖がったり集中力が切れたりと、なぜか様子がおかしい。オッサの致命的ミスで、大切な試合にも負けてしまう。チームに生じる不協和音。遼介は、オッサが人に言えない悩みを抱えていることを知る……。14歳の少年たちが爽やかに駆けぬける、青春スポーツ小説、第3弾!
  • カドフェス2021
    カドフェス2021

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「サッカーボーイズ 14歳 蝉時雨のグラウンド」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 2016年561冊め。シリーズ3作め。中学2年生の秋までの話。サッカーの知識がないせいでポジションだったり、ゲーム中に各選手がどう動いているか理解はできないので雰囲気読み。オッサの件での野球部との事件 2016年561冊め。シリーズ3作め。中学2年生の秋までの話。サッカーの知識がないせいでポジションだったり、ゲーム中に各選手がどう動いているか理解はできないので雰囲気読み。オッサの件での野球部との事件は、中学生という年齢のため確執が生じても仕方がないいきさつだったとは思うが、現実でも起きていそうなリアルさがあって思い気持ちに。5作めを先に読んでいるので次の4巻でシリーズ読破予定。 …続きを読む
    扉のこちら側
    2016年07月16日
    79人がナイス!しています
  • 青春とはジレンマと解く、と言うような子供の葛藤がイライラや、その当時の若さ故のフラストレーションを感じる。この巻のメインテーマはまさかのオッサの苦しみだった。その苦しみにイライラさせられるほど不器用な 青春とはジレンマと解く、と言うような子供の葛藤がイライラや、その当時の若さ故のフラストレーションを感じる。この巻のメインテーマはまさかのオッサの苦しみだった。その苦しみにイライラさせられるほど不器用な遼介が、最後は仲間と共に立ち向かう。この大人からすれば、とっととせいっとするほど慎重な姿勢が、彼の人を実は引っ張っていく吸引力だと、ゆっくり気付く。小暮が、1974年のワールドカップのクライフ時代を持ってサッカーの魅力を説明たするところが、印象的だった。ヨハン・クライフと言う偉大な選手が現代をも紐解く …続きを読む
    再び読書
    2016年09月24日
    49人がナイス!しています
  • シリーズ3作目。前作で、この歳で将来のことを考えるのは早いと感じた。でも、サッカーでは、早くないということをこの14歳の作品の中で語っていた。「いつの時代でもサッカーは、サッカーでしかないんだ」との言 シリーズ3作目。前作で、この歳で将来のことを考えるのは早いと感じた。でも、サッカーでは、早くないということをこの14歳の作品の中で語っていた。「いつの時代でもサッカーは、サッカーでしかないんだ」との言葉に胸を掴まれた。その言葉にはいろんな意味を含んでいるだろう。2011年6月、角川文庫。 …続きを読む
    あむぴの
    2017年01月13日
    30人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品