サッカーボーイズ 13歳 雨上がりのグラウンド

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

作品特設サイト
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2009年06月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784043899036

サッカーボーイズ 13歳 雨上がりのグラウンド

  • 著者 はらだ みずき
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2009年06月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784043899036

競技スポーツとしてのサッカーに戸惑う13歳の少年たちの物語。

地元の中学校サッカー部に入部した遼介は早くも公式戦に抜擢される。一方、Jリーグのジュニアユースチームに入った星川良は新しい環境に馴染めずにいた。多くの熱い支持を集める青春スポーツ小説第2弾!


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「サッカーボーイズ 13歳 雨上がりのグラウンド」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 2016年554冊め。カドフェス2016リスト入りしていた最終巻を読むために、1巻から最終5巻に飛ぶという反則をやってしまったことを反省し、シリーズをきちんと読む。この2巻では中学1年生の1年間が描か 2016年554冊め。カドフェス2016リスト入りしていた最終巻を読むために、1巻から最終5巻に飛ぶという反則をやってしまったことを反省し、シリーズをきちんと読む。この2巻では中学1年生の1年間が描かれる。サッカー部に2年生がいない事情。昨今の教師にとって部活の顧問という役目が大きな負担になっていること。児童作品でも、こういう大人の事情がきちんと描くところを評価。 …続きを読む
    扉のこちら側
    2016年07月13日
    85人がナイス!しています
  • 中学生になるとそれぞれの家庭の事情も、サッカーにブレンドされ、その中で、成長を遂げる。和樹や良も挫折や、どうしようもない苦しみの中から、しっかり一歩を踏み出していく。大人の目線では、何でもない事が、子 中学生になるとそれぞれの家庭の事情も、サッカーにブレンドされ、その中で、成長を遂げる。和樹や良も挫折や、どうしようもない苦しみの中から、しっかり一歩を踏み出していく。大人の目線では、何でもない事が、子供たちには必要以上にのしかかってくる。そんなジレンマと共に大きな成長を遂げた遼介と、対照的にJリーグのジュニアユースで挫折を味わった良が、最後でまたコンビを組む。和樹も見た目はヤンキー風に変わったが、心はまだサッカーをやっている頃に踏みとどまって嬉しく思う、最後に新旧にキャプテンが交わす無言の会話が泣かせる。 …続きを読む
    再び読書
    2016年09月23日
    52人がナイス!しています
  • やはり入り込めなかった。この作者とは波長が合わないのかも知れません。取りあえずこのシリーズはこれにて終了。 やはり入り込めなかった。この作者とは波長が合わないのかも知れません。取りあえずこのシリーズはこれにて終了。
    BlueBerry
    2013年12月20日
    36人がナイス!しています

powered by 読書メーター

著者紹介

はらだみずき

千葉県生まれ。2006年『サッカーボーイズ 再会のグラウンド』でデビュー。「サッカーボーイズ」シリーズは、『サッカーボーイズ 13歳 雨上がりのグラウンド』『サッカーボーイズ 14歳 蟬時雨のグラウンド』『サッカーボーイズ 15歳 約束のグラウンド』『サッカーボーイズ 卒業 ラストゲーム』と続く大ヒットとなる。『名もなき風たち サッカーボーイズU-16』は、「サッカーボーイズ」の後継作となる新シリーズの第1弾。他の著書に『スパイクを買いに』『サッカーの神様をさがして』『帰宅部ボーイズ』『あの人が同窓会に来ない理由』などがある。

最近チェックした商品