風の声が聞こえるか サッカーボーイズU-17

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2017年10月26日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
344
ISBN:
9784041057384

風の声が聞こえるか サッカーボーイズU-17

  • 著者 はらだ みずき
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2017年10月26日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
344
ISBN:
9784041057384

いつか応援席ではなく、 芝生のピッチに立ってやる。熱き高校サッカー小説

県立青嵐高校サッカー部の武井遼介は、2年に進級してもAチーム入りが叶わず、Bチームでもがいていた。県3部リーグ優勝を目標に戦う中、遼介はチームのエース・上崎響と試合中に口論となり、衝突してしまう。上崎は、サッカーに対して迷いを抱えていた。インターハイでは、スタンドで応援役にまわる遼介らBチームの部員たち。Aチームのために声を嗄らし、練習を重ねた応援歌を熱唱するが、遼介の胸には、このままでは終われない、という気持ちが強くなっていき――。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「風の声が聞こえるか サッカーボーイズU-17」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 読んでいるとなぜか涙がしみ出てくる。回りくどさや不器用さは共感できる。着実に成長している様は、自分の青春時代や子供たちの成長にシンクロしてしまう。次は来月なのか…。楽しみです。 読んでいるとなぜか涙がしみ出てくる。回りくどさや不器用さは共感できる。着実に成長している様は、自分の青春時代や子供たちの成長にシンクロしてしまう。次は来月なのか…。楽しみです。
    ももかさん
    2019年04月24日
    17人がナイス!しています
  • このシリーズは今まで図書館で貸りていたが、今回は我慢できず購入してしまった。結果的には「購入して良かった」と強く思った。登場人物達が、悔し涙、感激の涙を流す度に、自身も涙が止まらなくなった。遼介は、特 このシリーズは今まで図書館で貸りていたが、今回は我慢できず購入してしまった。結果的には「購入して良かった」と強く思った。登場人物達が、悔し涙、感激の涙を流す度に、自身も涙が止まらなくなった。遼介は、特別なことはしていない・・・ただサッカーとチームメイトに真摯に向き合っただけ。そして最後は、皆に認められBチームながらキャプテンになっていた。ラストのスパイクのシーンはその集大成と思う・・・読んでて、さらに涙が止まらなくなった。早く3年生になった遼介達の活躍を読みたくてたまらない!! …続きを読む
    kou
    2017年11月01日
    16人がナイス!しています
  • 15/1/13/2018 私が中学高校の頃は、サッカー部の男子ってそんなに人気がなかった気がする。誰がいたか思い出せないのだもの。静岡県の産だからお正月の高校サッカーは見たけど。そんな時期のサッカー部 15/1/13/2018 私が中学高校の頃は、サッカー部の男子ってそんなに人気がなかった気がする。誰がいたか思い出せないのだもの。静岡県の産だからお正月の高校サッカーは見たけど。そんな時期のサッカー部員達をこの本で追体験しているかも知れない。能力がずば抜けているわけではないらしい主人公だが、とても性格が良くて前向き。これは応援しないわけにはいかないという感じ。今更ながら前段・中学時代の本を予約した。 …続きを読む
    zanta
    2018年01月14日
    15人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品