角川文庫

高校サッカーボーイズ U-16

無名の高校生16歳、リアル青春サッカー小説。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2019年04月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784041077719
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

角川文庫

高校サッカーボーイズ U-16

無名の高校生16歳、リアル青春サッカー小説。

  • 著者 はらだ みずき
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2019年04月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784041077719

無名の高校生16歳、リアル青春サッカー小説。

2011年、高校生になった武井遼介は、関東の強豪サッカー部に入部する。東日本大震災から1ヶ月、普通にサッカーができる現状に葛藤を抱きながら、遼介は新入部員約50名でスタートした部活に励む――。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「高校サッカーボーイズ U-16」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 冒頭20ページで、涙目に。あの日のことは、あまりに深く胸に刻み込まれて。 遼介も、高校生となり、ずいぶんと大人ぽくなった。やはり息子の当時と重ねてしまう。息子と共にもう一度味わった青春を、小説のなかで 冒頭20ページで、涙目に。あの日のことは、あまりに深く胸に刻み込まれて。 遼介も、高校生となり、ずいぶんと大人ぽくなった。やはり息子の当時と重ねてしまう。息子と共にもう一度味わった青春を、小説のなかで又味わう。読書の幸福。 …続きを読む
    キーにゃん@絶対ガラケー主義宣言
    2019年05月12日
    6人がナイス!しています
  • 高校サッカーに戸惑う主人公。でも、見る人は見るところをキチンと見ている。努力は認められる。 高校サッカーに戸惑う主人公。でも、見る人は見るところをキチンと見ている。努力は認められる。
    だいゆー
    2019年04月23日
    5人がナイス!しています
  • 単行本で読了。 単行本で読了。
    hakohni
    2019年05月07日
    2人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品