サッカーボーイズ 再会のグラウンド

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2008年06月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784043899012

サッカーボーイズ 再会のグラウンド

  • 著者 はらだ みずき
  • カバーイラスト 丹地 陽子
  • カバーデザイン 角川書店装丁室 國枝達也
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2008年06月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784043899012

熱くてせつない青春スポーツ小説! 大型新人現る!!

サッカーを通して迷い、傷つき、悩み、友情を深め、成長していく遼介たち桜ヶ丘FCメンバーの小学校生活最後の1年と、彼らを支えるコーチや家族の思いをリアルに描く、熱くてせつない青春スポーツ小説!

「サッカーボーイズ」シリーズ

 
 
 
 


角川つばさ文庫からも好評発売中!
 
 

メディアミックス情報

NEWS

「サッカーボーイズ 再会のグラウンド」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 著者がコーチの視点で少年サッカーについて書いている。題材は、小学生男子の希望一番のサッカー。多くの小学生サッカーで起きていることを描写している。気持ちはよくわかる。子供の発達に応じた教育課程を組んでい 著者がコーチの視点で少年サッカーについて書いている。題材は、小学生男子の希望一番のサッカー。多くの小学生サッカーで起きていることを描写している。気持ちはよくわかる。子供の発達に応じた教育課程を組んでいる体制。地域のトレセンなど、コーチの視点は、しばしば子供に伝わらずに空回りする。でも、もう一歩踏み込めなかっただろうか。解説:あさのあつこ。児童文学ではない。視点が大人びている。発見角川。 …続きを読む
    kaizen@名古屋de朝活読書会
    2013年08月13日
    124人がナイス!しています
  • 2016年539冊め。シリーズ最終巻だけが「カドフェス2016」リスト入りしているのだけれど、まさか最終巻だけ読むわけにもいかずシリーズ1巻読了。サッカーのルールが全くわからないので作中解説目当てでも 2016年539冊め。シリーズ最終巻だけが「カドフェス2016」リスト入りしているのだけれど、まさか最終巻だけ読むわけにもいかずシリーズ1巻読了。サッカーのルールが全くわからないので作中解説目当てでもある。結論から言うとサッカーのルールの理解はできなかったが、魅力はよく伝わってきた。サッカーボーイズ達の成長と並行して、コーチ達大人世代のエピソードも絡ませる見事な展開。 …続きを読む
    扉のこちら側
    2016年07月10日
    99人がナイス!しています
  • 6年生でキャプテンもポジションも失った遼介。これほどの挫折と屈辱を受けるとサッカーも楽しくやれないよ。そんな中、新監督小暮によって前向きになっていく。サッカーを通じての出会いや、疎遠な父親との繋がり、 6年生でキャプテンもポジションも失った遼介。これほどの挫折と屈辱を受けるとサッカーも楽しくやれないよ。そんな中、新監督小暮によって前向きになっていく。サッカーを通じての出会いや、疎遠な父親との繋がり、なかなか勝てないチームのことだけでなく、最愛の妻の看護で監督を退いたり、監督経験あるが試行錯誤を重ねる様子だったり、かつてのメンバーで再会したり。子供だけでなく、大人の世界もギュッと詰まった作品。なので親としての立場で読んだ。フィールドは違えど、我が子が小学生の頃に習ってた空手での色々なことを思い出しました。 …続きを読む
    りゅう☆
    2021年09月14日
    91人がナイス!しています

powered by 読書メーター

著者紹介

はらだみずき

千葉県生まれ。2006年『サッカーボーイズ 再会のグラウンド』でデビュー。「サッカーボーイズ」シリーズは、『サッカーボーイズ 13歳 雨上がりのグラウンド』『サッカーボーイズ 14歳 蟬時雨のグラウンド』『サッカーボーイズ 15歳 約束のグラウンド』『サッカーボーイズ 卒業 ラストゲーム』と続く大ヒットとなる。『名もなき風たち サッカーボーイズU-16』は、「サッカーボーイズ」の後継作となる新シリーズの第1弾。他の著書に『スパイクを買いに』『サッカーの神様をさがして』『帰宅部ボーイズ』『あの人が同窓会に来ない理由』などがある。

最近チェックした商品