角川文庫

狐火の家

『硝子のハンマー』の興奮再び! 防犯探偵・榎本が4つの密室に挑む!

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2011年09月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
368
ISBN:
9784041979082
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

角川文庫

狐火の家

『硝子のハンマー』の興奮再び! 防犯探偵・榎本が4つの密室に挑む!

  • 著者 貴志 祐介
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2011年09月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
368
ISBN:
9784041979082

『硝子のハンマー』の興奮再び! 防犯探偵・榎本が4つの密室に挑む!

築百年は経つ古い日本家屋で発生した殺人事件。現場は完全な密室状態。防犯コンサルタント・榎本と弁護士・純子のコンビは、この密室トリックを解くことができるか!? 計4編を収録した密室ミステリの傑作。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「狐火の家」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 各作品、トリックに関しては小粒なものの、純子&榎本が面白いので読んで退屈しない。榎本のスタンスが、探偵ではなく「密室への出入りが可能か」を検証するコンサルタントだという点も、思った以上に短編向き。裏の 各作品、トリックに関しては小粒なものの、純子&榎本が面白いので読んで退屈しない。榎本のスタンスが、探偵ではなく「密室への出入りが可能か」を検証するコンサルタントだという点も、思った以上に短編向き。裏の仕事ネタをこまめに差し挟んでくるのも楽しい。ただし、すべての作品がクォリティ面でフラット過ぎて、傑出した話が無いのが少し淋しい。『硝子のハンマー』の緻密さ・重厚さとの対比で、期待を裏切られたと感じる読者も多くいそう。かくいう私も、刊行当時はイマイチ読む気になれなかった。このまま『鍵のかかった部屋』に進む。 …続きを読む
    W-G
    2016年10月05日
    495人がナイス!しています
  • 今回は短編集。それぞれ面白く水準は維持しているが、なにぶん前作が重厚で凝りに凝った長編だったため短か過ぎと言うか‥当たり前だが(笑)若干物足りない一篇になってしまった感はある。そのぶん疲れず軽く読める 今回は短編集。それぞれ面白く水準は維持しているが、なにぶん前作が重厚で凝りに凝った長編だったため短か過ぎと言うか‥当たり前だが(笑)若干物足りない一篇になってしまった感はある。そのぶん疲れず軽く読めるという利点もあるので、前作未読の方はまずこちらから、でも良いと思う。 …続きを読む
    サム・ミイラ
    2015年04月21日
    280人がナイス!しています
  • 表題作はなかなか面白かった。他はシリーズ化のための賑やかし? 表題作はなかなか面白かった。他はシリーズ化のための賑やかし?
    takaC
    2013年06月23日
    250人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品