鍵のかかった部屋

ドラマ化作品

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2012年04月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
368
ISBN:
9784041002865

ドラマ化作品

鍵のかかった部屋

  • 著者 貴志 祐介
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2012年04月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
368
ISBN:
9784041002865

奇才の防犯探偵・榎本が、難攻不落の密室事件に挑む!

防犯コンサルタント(本職は泥棒?)・榎本と弁護士・純子のコンビが、4つの超絶密室トリックに挑む。表題作ほか「佇む男」「歪んだ箱」「密室劇場」を収録。防犯探偵・榎本シリーズ、第3弾。

登場人物

榎本 径

冷静にして明晰な頭脳を駆使し、純子から持ち込まれる密室の謎を次々に解き明かしていく。その経歴には一抹の胡散臭さを漂わせつつも、防犯コンサルタントとして見事に事件の真相を手繰り寄せる。

青砥 純子

弁護士として、様々な事件に立ち会うことになる。端麗な容姿に豊富な法知識を携えているが、密室を解く才能には恵まれなかったのが玉に瑕!?毎回、的はずれな解を掲げては榎本の失笑を買う。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「鍵のかかった部屋」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 前作よりも楽しめた。『鍵のかかった部屋』のトリックはイマイチ絵が浮かんでこないので、正確に把握できているか不安。なんの前置きもなく「古い知り合いです」と登場した榎本が愉快。全体的にギャグ要素も前作より 前作よりも楽しめた。『鍵のかかった部屋』のトリックはイマイチ絵が浮かんでこないので、正確に把握できているか不安。なんの前置きもなく「古い知り合いです」と登場した榎本が愉快。全体的にギャグ要素も前作より高めであり、純子弁護士が『硝子のハンマー』の頃とかなり印象を違えているが、これはこれでアリ。長編をもう何作か出して、短編と長編で違うテイストを楽しめるようになれば良いのだが・・・。「密室専門」を打ち出している事で、フーダニットの要素皆無でも成立しており、短編集として上手な構成だと感心してしまう。続編希望。 …続きを読む
    W-G
    2016年10月08日
    495人がナイス!しています
  • 『硝子のハンマー』のあの人たちの関与する諸事件はシリーズ化してたのですね。知らなかった。『狐火の家』も早く読まなくちゃ。 『硝子のハンマー』のあの人たちの関与する諸事件はシリーズ化してたのですね。知らなかった。『狐火の家』も早く読まなくちゃ。
    takaC
    2013年06月21日
    238人がナイス!しています
  • 防犯コンサルタントの榎本と美人弁護士の青砥短編シリーズ。密室に絞られていたテーマであるが正直つまらなかった。癌の末期患者の葬儀会社社長から相続を受けるよう手筈を整える「佇む男」。硬直した死体が時間差で 防犯コンサルタントの榎本と美人弁護士の青砥短編シリーズ。密室に絞られていたテーマであるが正直つまらなかった。癌の末期患者の葬儀会社社長から相続を受けるよう手筈を整える「佇む男」。硬直した死体が時間差で椅子に座るという時間差トリック。再婚した理系頭脳を持った父親が息子が自殺をしたように見せかける空気圧を利用したカラクリの「鍵のかかった部屋」。悪徳施工会社社長を欠陥住宅に閉じ込めて殺害する男性教師。ピッチングマシーンを利用したドアのこじ開けトリックの「歪んだ箱」。警察側の榎本と犯人側の弁護人となる青砥の対立。 …続きを読む
    テディ
    2019年09月23日
    175人がナイス!しています

powered by 読書メーター

著者紹介

貴志祐介(きし ゆうすけ)

1959年大阪生まれ。京都大学経済学部卒。生命保険会社に勤務後、作家に。1996年「ISOLA」が日本ホラー小説大賞長編賞佳作となり、『十三番目の人格 ISOLA』と改題して角川ホラー文庫より刊行される。翌年『黒い家』で第4回日本ホラー小説大賞を受賞、100万部を超えるベストセラーとなる。2005年『硝子のハンマー』で日本推理作家協会賞、2008年『新世界より』で日本SF大賞を受賞。2010年刊行された『悪の教典』は第1回山田風太郎賞を受賞したほか第144回直木賞の候補ともなり、その年の話題を独占した。他の著書に『クリムゾンの迷宮』『青の炎』『ダークゾーン』など。

最近チェックした商品