コロッサスの鉤爪

コロッサスの鉤爪

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

label
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2020年11月21日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784041108895
label

コロッサスの鉤爪

  • 著者 貴志 祐介
  • 定価: 円 (本体円+税)
発売日:
2020年11月21日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784041108895

海上に現れた、壁のない密室に防犯探偵・榎本が挑む!

何者かに海中深くに引きずり込まれた元ダイバー。
無残な遺体には鉤爪で付けられたかのような不審な傷が残されていた。
現場はソナーで監視され、誰も近づけないはずの“音の密室”。
事件の調査依頼を引き受けた、防犯コンサルタント(本職は泥棒!?)の榎本と弁護士の純子は、大海原に隠された謎に挑む! (「コロッサスの鉤爪」)。
表題作ほか計2編収録。『ミステリークロック』と2冊で贈る、防犯探偵・榎本シリーズ第4弾。

本書は、単行本『ミステリークロック』収録の4篇のうち、「鏡の国の殺人」「コロッサスの鉤爪」の2篇を分冊して文庫化したものです。
他の「ゆるやかな自殺」「ミステリークロック」は、同時に発売された文庫『ミステリークロック』に収録されています。
何者かに海中深くに引きずり込まれた元ダイバー。
無残な遺体には鉤爪で付けられたかのような不審な傷が残されていた。
現場はソナーで監視され、誰も近づけないはずの“音の密室”。
事件の調査依頼を引き受けた、防犯コンサルタント(本職は泥棒!?)の榎本と弁護士の純子は、大海原に隠された謎に挑む! (「コロッサスの鉤爪」)。
表題作ほか計2編収録。『ミステリークロック』と2冊で贈る、防犯探偵・榎本シリーズ第4弾。

本書は、単行本『ミステリークロック』収録の4篇のうち、「鏡の国の殺人」「コロッサスの鉤爪」の2篇を分冊して文庫化したものです。
他の「ゆるやかな自殺」「ミステリークロック」は、同時に発売された文庫『ミステリークロック』に収録されています。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

同じシリーズの作品

コロッサスの鉤爪 が含まれている特集

「コロッサスの鉤爪」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • シリーズ4作目【後編】まずは『鏡の国の殺人』泥棒キャラが定着してしまった榎本に殺人犯の容疑が掛かってしまう。純子の珍推理?!を聴きながらリモートでの犯人探し。芸術×科学を用いたトリックは超難解でドラマ見 シリーズ4作目【後編】まずは『鏡の国の殺人』泥棒キャラが定着してしまった榎本に殺人犯の容疑が掛かってしまう。純子の珍推理?!を聴きながらリモートでの犯人探し。芸術×科学を用いたトリックは超難解でドラマ見てなかったらイメージ出来なかった。続けて『コロッサスの鉤爪』海上で起きた殺人事件(此れを密室と呼ぶべき?!)被害者はクズ野郎。トリック云々よりも犯人に同情してしまった。榎本と純子の関係性も更に定着した感じはするも、トリックがどんどん難解になり過ぎている気が…。貴志先生、次作はもっとシンプルにお願いします! …続きを読む
    ナルピーチ
    2021年06月17日
    181人がナイス!しています
  • 『鏡の国の殺人』どうやら青砥先生は榎本=泥棒が頭から離れないようで、ことあるごとに脳内でツッコミを入れているのだが、彼に対する密室のアリバイ崩しへのライバル心も拭いがたいようで、『コロッサスの鉤爪』で 『鏡の国の殺人』どうやら青砥先生は榎本=泥棒が頭から離れないようで、ことあるごとに脳内でツッコミを入れているのだが、彼に対する密室のアリバイ崩しへのライバル心も拭いがたいようで、『コロッサスの鉤爪』では不死身メンタルで、とんでもアイデアを繰り出し続ける。そのやりとりに声を出して笑ってしまった。そして僕の脳内では依然として榎本=大野くんは揺るがない(笑)。#ニコカド2020 …続きを読む
    sin
    2020年11月25日
    79人がナイス!しています
  • 防犯探偵・榎本シリーズ第4弾(文庫「ミステリークロック」も第4弾だったけど、単行本の分冊なので第5弾とは呼ばないんですね、裏表紙に寄ると…。)。「鏡の国の殺人」はとにかく難解で、これを解くのは不可能じ 防犯探偵・榎本シリーズ第4弾(文庫「ミステリークロック」も第4弾だったけど、単行本の分冊なので第5弾とは呼ばないんですね、裏表紙に寄ると…。)。「鏡の国の殺人」はとにかく難解で、これを解くのは不可能じゃ無いですか?。図解がちょいちょい入るが、ほぼ理解出来ませんでした。なので「コロッサスの鉤爪」の方が良かったかな。両作共に専門知識が無いと想像すら出来ないトリック、と言うのは同じですが、まだこちらが理解し易く、ストーリー性も多少あるので面白かったです。しかし、青砥弁護士のキャラはすっかりお笑い担当ですね…。 …続きを読む
    森オサム
    2021年02月19日
    69人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品