ミステリークロック

ミステリークロック

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

label
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2020年11月21日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784041098769
label

ミステリークロック

  • 著者 貴志 祐介
  • 定価: 円 (本体円+税)
発売日:
2020年11月21日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784041098769

精巧なる完全犯罪。命がけの推理戦に防犯探偵・榎本が挑む!

人里離れた山荘での晩餐会。招待客たちが超高級時計を巡る奇妙なゲームに興じる最中、
山荘の主、女性作家の森怜子が書斎で変死を遂げた。それをきっかけに開幕したのは命を賭けた推理ゲーム! 
巻き込まれた防犯コンサルタント(本職は泥棒!?)の榎本と弁護士の純子は、時間の壁に守られた完全密室の謎に挑むが......(「ミステリークロック」)。
表題作ほか計2編収録。『コロッサスの鉤爪』と2冊で贈る、防犯探偵・榎本シリーズ第4弾。

本書は、単行本『ミステリークロック』収録の4篇のうち、「ゆるやかな自殺」「ミステリークロック」の2篇を分冊して文庫化したものです。
他の「鏡の国の殺人」「コロッサスの鉤爪」は、同時に発売された『コロッサスの鉤爪』に収録されています。
人里離れた山荘での晩餐会。招待客たちが超高級時計を巡る奇妙なゲームに興じる最中、
山荘の主、女性作家の森怜子が書斎で変死を遂げた。それをきっかけに開幕したのは命を賭けた推理ゲーム! 
巻き込まれた防犯コンサルタント(本職は泥棒!?)の榎本と弁護士の純子は、時間の壁に守られた完全密室の謎に挑むが......(「ミステリークロック」)。
表題作ほか計2編収録。『コロッサスの鉤爪』と2冊で贈る、防犯探偵・榎本シリーズ第4弾。

本書は、単行本『ミステリークロック』収録の4篇のうち、「ゆるやかな自殺」「ミステリークロック」の2篇を分冊して文庫化したものです。
他の「鏡の国の殺人」「コロッサスの鉤爪」は、同時に発売された『コロッサスの鉤爪』に収録されています。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

同じシリーズの作品

ミステリークロック が含まれている特集

「ミステリークロック」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 防犯探偵シリーズ4作目【前編】表題作の『ミステリークロック』はその題名の通り、時間をキーワードに描いた密室事件。機械トリックと心理トリックの会わせ技にはお手上げで、さっぱり分からなかったが、貴志先生の 防犯探偵シリーズ4作目【前編】表題作の『ミステリークロック』はその題名の通り、時間をキーワードに描いた密室事件。機械トリックと心理トリックの会わせ技にはお手上げで、さっぱり分からなかったが、貴志先生の凝ったアイデアが存分に詰まった物語の印象。逆に『ゆるやかな自殺』は短編らしくコンパクトに要点が纏めてあったのと先にドラマ化されていた物語だったので脳内イメージしやすく読む事ができた。続けて【後編】も楽しむとしよう! …続きを読む
    ナルピーチ
    2021年06月14日
    177人がナイス!しています
  • 大野くんの飄々とした語り口が忘れられず、ここでもまた脳内映像はドラマを再現して止まない。『ゆるやかな自殺』人物描写を加味するならやはりフルメンバーで挑んだドラマの方が上出来。『ミステリークロック』マニ 大野くんの飄々とした語り口が忘れられず、ここでもまた脳内映像はドラマを再現して止まない。『ゆるやかな自殺』人物描写を加味するならやはりフルメンバーで挑んだドラマの方が上出来。『ミステリークロック』マニアックなトリックを成立させる為だろうか?作中にミステリー作家を登場させることで下地?を造っているようだが、このトリックはかなりややこしくて、熱の入った解説に…「ああそうなんだろうな」と、残念ながら理解がいささか投げやりになってしまった。#ニコカド2020 …続きを読む
    sin
    2020年11月23日
    79人がナイス!しています
  • “命がけの推理劇場”という文句が気になり読了しました。「きれいはきたない…きたないはきれい」という理解不能な台詞。難解でした。本格派密室シリーズの一冊。 たくさんの時計で作られ守られたアリバイ。一度読んだ “命がけの推理劇場”という文句が気になり読了しました。「きれいはきたない…きたないはきれい」という理解不能な台詞。難解でした。本格派密室シリーズの一冊。 たくさんの時計で作られ守られたアリバイ。一度読んだだけては理解は絶対無理。限りなく完全犯罪に近い巧妙なトリック。頭が痛くなるほど非常に面倒臭い種明かし。 …続きを読む
    納間田 圭
    2021年01月29日
    67人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品