ユージニア

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2005年02月02日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
452
ISBN:
9784048735735

ユージニア

  • 著者 恩田 陸
  • デザイン 祖父江 慎
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2005年02月02日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
452
ISBN:
9784048735735

あの夏、青沢家で催された米寿を祝う席で、 十七人が毒殺された。

ある男の遺書によって、一応の解決をみたはずの事件。町の記憶の底に埋もれた大量殺人事件が、年月を経てさまざまな視点から再構成される。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「ユージニア」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 過去の事件に対して様々な人の視点から見つめていく。でも恩田さんらしいモヤモヤのまま終了。 過去の事件に対して様々な人の視点から見つめていく。でも恩田さんらしいモヤモヤのまま終了。
    ダイ@2019.11.2~一時休止
    2016年12月02日
    126人がナイス!しています
  • ゆっくりと異世界に迷いこまされたようなミステリーというより、軽いデジャヴ感のある作品。この本を読むなら単行本がおすすめで1ページの右端(42文字)と左端(41文字)の行で1文字違うとか、文章が1度傾い ゆっくりと異世界に迷いこまされたようなミステリーというより、軽いデジャヴ感のある作品。この本を読むなら単行本がおすすめで1ページの右端(42文字)と左端(41文字)の行で1文字違うとか、文章が1度傾いているとか違和感のある面白い装幀は、やっぱり祖父江慎さんだった! …続きを読む
    コットン
    2019年08月10日
    66人がナイス!しています
  • 表紙をひらくといきなり現れる不思議な詩、そして謎めいたプロローグ。そのあたりの仕掛けが巧みである。章ごとの語り手が誰かを探りながら、語られる毒殺事件の輪郭がはっきりしていく過程が楽しい。もう解決された 表紙をひらくといきなり現れる不思議な詩、そして謎めいたプロローグ。そのあたりの仕掛けが巧みである。章ごとの語り手が誰かを探りながら、語られる毒殺事件の輪郭がはっきりしていく過程が楽しい。もう解決されたはずの事件なのに、謎が多いし怪しんでる人も多いし。途中に挟まれるとても短い章「幾つかの断片」も読んでる時は「???」だけど、ラスト近くで慌てて読み返して「!!!」。結局は、絶望感、妬み、羨望、日々の鬱屈…そんな何人かの感情が重なって事件に繋がったのだろうか。少々モヤモヤは残るが、ぐいぐい引き込まれた本だった。 …続きを読む
    なゆ
    2014年08月31日
    61人がナイス!しています

powered by 読書メーター

著者紹介

恩田 陸

1964年、宮城県生まれ。91年、第3回日本ファンタジーノベル大賞の最終候補作となり、『六番目の小夜子』でデビュー。2005年、『夜のピクニック』で第26回吉川英治文学新人賞、第2回本屋大賞受賞。06年、『ユージニア』で第59回日本推理作家協会賞長編及び連作短編集部門賞受賞。07年、『中庭の出来事』で第20回山本周五郎賞受賞。17年、『蜜蜂と遠雷』で第156回直木賞受賞。主な著作に『ネバーランド』『黒と茶の幻想』『上と外』『ドミノ』『チョコレートコスモス』『私の家では何も起こらない』『夢違』『雪月花黙示録』など。

この著者の商品

最近チェックした商品