去年の雪

去年の雪

label
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2023年02月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784041131152
label

去年の雪

  • 著者 江國 香織
  • 定価: 円 (本体円+税)
発売日:
2023年02月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784041131152

降り積もっては消えゆく人生のかけら。世界はきっと、ここだけじゃない。

双子の姉妹、千奈美と真奈美は2人だけにしか聞こえない声を聞くことがある。事故で死んだはずの謙人は、気がつくと数百年前の見知らぬ家の中に佇んでいた。黒猫のトムは、住み慣れた家の中に時々現れる別の世界を知っている……。100人を超える”彼ら”の日常は、時代も場所も生死の境界をも飛び越えて、ゆるやかに繋がっていく。
江國香織ワールド全開! この世界の儚さと美しさが詰まった、ちょっぴり不思議で愛おしい物語。

【解説】凪良ゆう
双子の姉妹、千奈美と真奈美は2人だけにしか聞こえない声を聞くことがある。事故で死んだはずの謙人は、気がつくと数百年前の見知らぬ家の中に佇んでいた。黒猫のトムは、住み慣れた家の中に時々現れる別の世界を知っている……。100人を超える”彼ら”の日常は、時代も場所も生死の境界をも飛び越えて、ゆるやかに繋がっていく。
江國香織ワールド全開! この世界の儚さと美しさが詰まった、ちょっぴり不思議で愛おしい物語。

【解説】凪良ゆう

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

もくじ

去年の雪
解説 凪良ゆう

「去年の雪」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 読み始めはどんなふうに読んだらいいのか戸惑った。さまざまな人の日常が、断片的にひたすら語られている。でもそのリズムに慣れ、あまり込み入ったことを考えずに読むのが正解なのかも、と思うようになった。そもそ 読み始めはどんなふうに読んだらいいのか戸惑った。さまざまな人の日常が、断片的にひたすら語られている。でもそのリズムに慣れ、あまり込み入ったことを考えずに読むのが正解なのかも、と思うようになった。そもそも本を読むときに正解も不正解もないのだから。去年の雪という題名も、もういまは実体がないものだよ、といわれているようで、わたしたちの人生の瞬間瞬間だって、そんなものだろう。 …続きを読む
    佐島楓
    2023年04月02日
    63人がナイス!しています
  • 今を生きる人々の清々しい人生。朝起きて、電車で通勤し、ランチを楽しみ、ラインやお喋りに興じる。仕事終わりに飲みに行く。散歩を楽しむ。乳児に微笑みかける。学生時代の友人と至福の時を過ごす。白いもの。梨。 今を生きる人々の清々しい人生。朝起きて、電車で通勤し、ランチを楽しみ、ラインやお喋りに興じる。仕事終わりに飲みに行く。散歩を楽しむ。乳児に微笑みかける。学生時代の友人と至福の時を過ごす。白いもの。梨。豆腐。餅。恋もあればトラブルもある。たまに平安時代や江戸時代へ遊ぶのもいい。私はこの本を3月14日、マスクを外して電車の中で読み始めた。どの人も、思いわずらうことなく愉しく生きている、江國さんの主人公たちだ。今文庫化されたこの本は、私に勇気をくれる。さあ、人生を愉しもう。3年と少し前の生活へ、春の街へ戻ろう。 …続きを読む
    エドワード
    2023年03月17日
    52人がナイス!しています
  • これは素晴らしい小説。こんな地味な佇まいだから見逃してましたが、人との関係性のみならず、時空や地域や老若男女を超越し、モノや幽霊や動物、すべて引っくるめた世界を描く試み。凄すぎる。100人以上の登場人物 これは素晴らしい小説。こんな地味な佇まいだから見逃してましたが、人との関係性のみならず、時空や地域や老若男女を超越し、モノや幽霊や動物、すべて引っくるめた世界を描く試み。凄すぎる。100人以上の登場人物が微妙に繋がったり、すれ違ったり。生者も死者も関係ない。まさに過去も未来も無い、今ここのみが真理であり、あらゆる生命は繋がっているということを作品化している。まったく大上段に構えていない、むしろ小さな関係性を丁寧に紡ぐことで世界を表現している。愛読していた江國滋の娘が、こんな凄い作家になるなんて! …続きを読む
    道楽モン
    2024年01月05日
    45人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品