去年の雪

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2020年02月28日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
280
ISBN:
9784041089842

去年の雪

  • 著者 江國 香織
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2020年02月28日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
280
ISBN:
9784041089842

この本を読んでいる時、あなたはひとりじゃない。

自由自在に時空をまたいで進む物語は、100人以上の登場人物の日常が織り込まれたタペストリーのよう。覗いているうちに、読者もまた、著者の作り出す世界の住人になってしまう。そして、思いもよらぬ地平へと連れてゆかれる。江國香織小説のエッセンスが最大限に味わえるファン待望の一冊です。


メディアミックス情報

NEWS

「去年の雪」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 時空間を超えて、人々の日常を同量・同質に連綿と描いていきます。夢・前世・幻・気配・精霊・あちらとの交信・どこからかの言葉として、歴然と曖昧に繋がります。未来の記憶なのか、過去の変化なのか、現在の不確実 時空間を超えて、人々の日常を同量・同質に連綿と描いていきます。夢・前世・幻・気配・精霊・あちらとの交信・どこからかの言葉として、歴然と曖昧に繋がります。未来の記憶なのか、過去の変化なのか、現在の不確実なのか、全く新しい読書体験ができます。心に訴えかけてくるものというのは、存外そこらじゅうにあるとうことを教えてくれる、せいせいした気持ちになる、実験的な作品です。 …続きを読む
    旅するランナー
    2020年05月02日
    214人がナイス!しています
  • 江國 香織は、新作中心に読んでいる作家です。著者の新境地でしょうか? 現在&過去、100人以上の登場人物が織り成す連作ショートストーリー集、雰囲気は悪くないですが、内容とタイトルとにギャップがある感じ 江國 香織は、新作中心に読んでいる作家です。著者の新境地でしょうか? 現在&過去、100人以上の登場人物が織り成す連作ショートストーリー集、雰囲気は悪くないですが、内容とタイトルとにギャップがある感じがしました。 https://www.kadokawa.co.jp/topics/4217 …続きを読む
    starbro
    2020年05月26日
    205人がナイス!しています
  • 感情が揺さぶられない。何処かで見たかもしれないシーンの連続でこの前に何が?この先の展開は?となる。ストーリーがなくて情景の描写ばかり、途中から見た映画のワンシーンの集まりのようでもありました。カットが 感情が揺さぶられない。何処かで見たかもしれないシーンの連続でこの前に何が?この先の展開は?となる。ストーリーがなくて情景の描写ばかり、途中から見た映画のワンシーンの集まりのようでもありました。カットがたくさん繋がれた空港での出逢い別れが連続する映画ラブ・アクチュアリーのエンディングはストーリーがあったからこそラストで綴ら折のカットの連続が感動を膨らませた。この作品は残念ながらそうではない。会話の内容で人物の物語が創造できるしとても江國さんがストーリーを創ってくれなきゃという気持ちがどうしても残ります。 …続きを読む
    ケンイチミズバ
    2020年03月23日
    136人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品