泣かない子供

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2000年06月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
224
ISBN:
9784043480029

泣かない子供

  • 著者 江國 香織
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2000年06月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
224
ISBN:
9784043480029

子供から少女へ、少女から女へ……時を飛び越えて浮かんでは留まる遠近の記憶、あやふやに揺れる季節の中でも変わらぬ周囲へのまなざし。こだわりの時間を柔らかに、せつなく描いたエッセイ集。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「泣かない子供」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 再読、エッセイ。96年の出版だからだいぶ昔。5章に分かれて、数行〜数ページのたくさんの文章。読んだはずなのに、『月の砂漠のツアーバス』以外は覚えていなかった。だから、新鮮。テーマは旅や家族や、読書や、 再読、エッセイ。96年の出版だからだいぶ昔。5章に分かれて、数行〜数ページのたくさんの文章。読んだはずなのに、『月の砂漠のツアーバス』以外は覚えていなかった。だから、新鮮。テーマは旅や家族や、読書や、食べ物や、江國さんの好きなものが、いろいろ。あとがきの俵万智さんも書いているけど、散文的な手紙の下書きといった感じ。江國さんと親しい友だちにでもなった気分になれた。香織のトコは妹がいて、しかも今だに仲が良くていいわよね〜、なんて感じで。 …続きを読む
    オリーブ子
    2016年02月05日
    81人がナイス!しています
  • 鋭い感性で美しい日常が語られていると思いました。記憶や季節への眼差しの優しさとあやふやさは、丁寧に日々を過ごして繊細な目で色々な物事を見ているからなのでしょう。センスが凄く優れているからこそこだわりの 鋭い感性で美しい日常が語られていると思いました。記憶や季節への眼差しの優しさとあやふやさは、丁寧に日々を過ごして繊細な目で色々な物事を見ているからなのでしょう。センスが凄く優れているからこそこだわりの時間を柔らかく過ごしているような気がしました。心に沁み入るような日々。江國さんのエッセイを読むと豊かな気持ちになれます。 …続きを読む
    優希
    2015年03月21日
    64人がナイス!しています
  • 著者エッセイ集。ほかのエッセイでも同じように感じるが、著者はとても豊かな生活をしていると思う。お金をたくさん持っているとか、贅沢をしている、というのではなく、心にきちんとしたゆとりを作っている。日々に 著者エッセイ集。ほかのエッセイでも同じように感じるが、著者はとても豊かな生活をしていると思う。お金をたくさん持っているとか、贅沢をしている、というのではなく、心にきちんとしたゆとりを作っている。日々に欠かせないさまざまなものに、真摯に向き合っており、けして中途半端なことはしない。夜、海を見に行くためにタクシーを呼んだり、素人が使いこなせるだろうかと手をつかねるような24色のグレーの色鉛筆を買ったりだとか。自身の父との思い出を綴ったエピソードは、なんということのない記憶なのだろうが、なぜか胸に迫った。 …続きを読む
    S
    2019年01月20日
    46人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品