落下する夕方

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
1999年07月05日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784043480012

落下する夕方

  • 著者 江國 香織
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
1999年07月05日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784043480012

別れた恋人の新しい恋人が、突然乗り込んできて、同居をはじめた。梨果にとって、いとおしいのは健悟なのに、彼は新しい恋人に会いにやってくる。新世代のスピリッツと空気感溢れる、リリカル・ストーリー。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「落下する夕方」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • まず、タイトルがいい。なかなかに詩的な響きだと思う。やや不思議なプロットだが、受け入れられなくはない。ある日、突然にやって来て、またある日、唐突に姿を消してしまう華子は、風の又三郎のようだ。彼女に翻弄 まず、タイトルがいい。なかなかに詩的な響きだと思う。やや不思議なプロットだが、受け入れられなくはない。ある日、突然にやって来て、またある日、唐突に姿を消してしまう華子は、風の又三郎のようだ。彼女に翻弄されるのは、梨果だけではない。彼女と接点を持つ何人もの男女がそうだ。また、三角関係からは近松の『心中天の網島』を連想させる。華子はさしずめ遊女の小春で、梨果が妻のおさん、そして健吾が治平衛。男が全く主体的な行動を起こせないのも同じ。中に立って、最も煩悶するのが梨果というのもそうだ。なお、最後の2行が秀逸。 …続きを読む
    ヴェネツィア
    2019年10月10日
    450人がナイス!しています
  • 8年間同棲した男が「他に好きな人ができた」とマンションを出ていく。それだけで腹立たしいのに、その好きな女華子が押しかけて始まる不健全な同居。こんな不穏な話をこんなに冷静に、いつか失う夕暮れの切なさのよ 8年間同棲した男が「他に好きな人ができた」とマンションを出ていく。それだけで腹立たしいのに、その好きな女華子が押しかけて始まる不健全な同居。こんな不穏な話をこんなに冷静に、いつか失う夕暮れの切なさのように描けるなんて。 夕方のシーンなんて出てこないけど、この話のタイトルは間違いなく「落下する夕方」。「一人の男と人生を共有しているときの、ありふれた日常の信じられないような幸福」を失った耐えがたい喪失を、新しいぬくもりで埋めずに進む「冷静で、明晰で、しずかで、あかるくて、絶望している」物語。江國さん好きです。 …続きを読む
    ちなぽむ
    2018年10月08日
    155人がナイス!しています
  • 展開が速いわけでもなく、大きなハプニングがある訳でもない。が、意外と次の展開気になって仕方がない魅力的な一冊だった。さざなみのような日本映画のような感じ? 物語の主人公である3人、梨果、健吾、そして、 展開が速いわけでもなく、大きなハプニングがある訳でもない。が、意外と次の展開気になって仕方がない魅力的な一冊だった。さざなみのような日本映画のような感じ? 物語の主人公である3人、梨果、健吾、そして、華子を中心に長かった愛と急に訪れる別れ、元カレが人を愛してしまう心理など、世間に無心な人を描く話。落下する夕方と言うタイトルがとても似合う穏やかでどこか容赦なく抑えつける感じの小説で私にはとても面白かった。 …続きを読む
    🅼🆈½ ユニス™
    2019年01月31日
    115人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品