「本の雑誌」2013年上半期1位

角川文庫

はだかんぼうたち

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2016年01月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
384
ISBN:
9784041037973

「本の雑誌」2013年上半期1位

角川文庫

はだかんぼうたち

  • 著者 江國 香織
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2016年01月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
384
ISBN:
9784041037973

終わりも答えもない恋愛の真実

桃は35歳の歯科医。入籍間近と思われていた恋人と別れ9歳下の鯖崎と付き合い始めた。だが鯖崎は桃の親友の主婦・響子にも興味をしめす。一方、ネットで知り合った60歳の男と同棲していた響子の母・和枝が急死。亡き母の同棲相手への対応を巡り響子は夫と衝突する。そんな響子に鯖崎が接近し始め、桃は別れた恋人と再び会ってしまう……。年齢も境遇も異なる男女たちを通して恋愛、孤独、結婚の赤裸々な姿が浮かび上がる。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

プロモーションムービー

~ 515枚の手書き原稿を並べました ~


「はだかんぼうたち」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 年齢も境遇も異なる男女の恋愛、孤独、結婚の赤裸々な姿が浮かび上がるようでした。恋人の親友の主婦と不倫したり、別れた恋人との再会があったり。皆が誰かを好きになったり憎んだり。自分を飾ることなく、想いに素 年齢も境遇も異なる男女の恋愛、孤独、結婚の赤裸々な姿が浮かび上がるようでした。恋人の親友の主婦と不倫したり、別れた恋人との再会があったり。皆が誰かを好きになったり憎んだり。自分を飾ることなく、想いに素直に生きているからこその「はだかんぼう」なんだろうなと思いました。ただ、誰もが自分中心であるからこそ見える孤独があります。心の闇のような部分を描いているのに、愛おしく思うのは何故でしょう。幸せなんだけれど、表面的な幸せで切なさを感じるのですが、惹きつける魅力がありました。 …続きを読む
    優希
    2016年09月14日
    103人がナイス!しています
  • 帯に「著者が初めて結婚をテーマにすえた群像劇」とあって、そうだっけ??? 歯科医の桃を中心に、年下の恋人・鯖崎、桃の幼馴染みの響子…、既婚者・未婚者ともに、恋愛だけじゃない色々な気持ちが交錯していく。 帯に「著者が初めて結婚をテーマにすえた群像劇」とあって、そうだっけ??? 歯科医の桃を中心に、年下の恋人・鯖崎、桃の幼馴染みの響子…、既婚者・未婚者ともに、恋愛だけじゃない色々な気持ちが交錯していく。雨、響子の母の死から始まる物語。 確かに結婚について書いていない訳ではないけど。死のどうしようもない不在感や、母娘の緊張感なんかも、なかなかの存在感で描いている。だから、帯ほど安っぽくはないと思う。 完璧な人が出てこない話。大人たちは自己責任だからいいけど、美来は可哀想だな。 そして、群像劇は面白い。 …続きを読む
    オリーブ子
    2016年04月27日
    87人がナイス!しています
  • 再読です。年齢も環境も異なる男女の赤裸々な姿が伺えました。恋愛、孤独、結婚の赤裸々な様子が描かれているから「はだかんぼう」なのかなと思います。それは普通からはみ出しているのかもしれませんが、そこを綺麗 再読です。年齢も環境も異なる男女の赤裸々な姿が伺えました。恋愛、孤独、結婚の赤裸々な様子が描かれているから「はだかんぼう」なのかなと思います。それは普通からはみ出しているのかもしれませんが、そこを綺麗な世界にしてしまうのが江國さんの力なんですね。ただ淡々と描きながらも浮き上がらせるものがあるのが引き込まれます。心の闇のようなものが見えながらも愛おしく感じるものがあるのが不思議です。 …続きを読む
    優希
    2018年05月07日
    79人がナイス!しています

powered by 読書メーター

読者モニターレビュー

冒頭から雨を使ったシーンがあり、それが静けさを感じさせるのですが、静かながらも「次は一体どうなるんだろう?」と読む者に思わせてくれる作品でした。誰か一人に焦点をあてるのではなく、何人もの登場人物に細かく焦点をあてていたので、飽きることなく最後まで読むことができました。(mashkaさん)

異なる幾種類もの女の行動を恐ろしく見事に書き分けている。「女」とひとくくりにする行為の愚かさに改めて気づかされる。登場人物それぞれに共感を覚え、また反感を覚える。読み終えて、各章で主役として登場するすべての女が、自分の人生を楽しんでいることに気付く。(かえるさん)

恋愛における幸せって何だろう、と考えさせられる小説でした。登場人物たちが、あまりにも自分をむきだしにして生きているので驚きます。「はだかんぼうたち」というタイトルを読んで、この小説にぴったりだな、と思いました。(ありんこさん)

最近チェックした商品