今はまだ「幼馴染の妹」ですけど。4 四度目の流れ星の日が来るからね

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2021年10月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
264
ISBN:
9784046808455

今はまだ「幼馴染の妹」ですけど。4 四度目の流れ星の日が来るからね

  • 著者 涼暮 皐
  • イラスト あやみ
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2021年10月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
264
ISBN:
9784046808455

過去の全てと向き合って──解決編を始めよう

久高陽星。小中学校時代からの友人。星の涙の力で、冬月伊織を認識できなくなった少女。そして僕が救ったと勘違いしていた、もう一人の幼馴染。
そんな彼女と僕は、あの丘の上で突然光に包まれ、気がつくと「七年前の七月七日」らしきところにいた。そこで「七年前の伊織と流希」と出会い……
「未来のぼくによろしくね、伊織くんっ!」
「過去の世界」には、僕らの知っている世界と少しずつ違うところがあった。元の時間に戻るための「鍵」は何か? 「鍵」を探すために、これまで目を背けてきたふたりの幼馴染と、自分の願いと、過去の全てと向き合って、──解決編を始めよう。
  • ニコニコカドカワ祭り2021
    ニコニコカドカワ祭り2021

メディアミックス情報

NEWS

「今はまだ「幼馴染の妹」ですけど。4 四度目の流れ星の日が来るからね」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 星の涙の力で冬月伊織を認識できなくなっていた少女・久高陽星。そんな彼女と伊織があの丘の上で突然光に包まれ、気がつくと「七年前の七月七日」にいて、七年前の伊織と流希に再会する第四弾。知っている世界と少し 星の涙の力で冬月伊織を認識できなくなっていた少女・久高陽星。そんな彼女と伊織があの丘の上で突然光に包まれ、気がつくと「七年前の七月七日」にいて、七年前の伊織と流希に再会する第四弾。知っている世界と少し違う過去の世界。示唆された元の時間に戻るための「鍵」の存在、そして目を背けてきたふたりの幼馴染。前巻の衝撃的な結末から陽星とともに過ごす日々は何とも複雑だろうなあと思いながら読みましたけど、明らかになってゆくそれぞれの過去があって、背中を押してくれる人がいて、向き合い過去を乗り越えた結末を読めて良かったです。 …続きを読む
    よっち
    2021年10月22日
    13人がナイス!しています
  • まず何よりも、陽星の物語が読めたことに感謝を。七年前の七夕から分岐した世界をもう一人の幼馴染と二人旅。忘れることは生きる上で不可欠な機能だけど、それは強制的に与えられるものではない。陽星と伊織がようや まず何よりも、陽星の物語が読めたことに感謝を。七年前の七夕から分岐した世界をもう一人の幼馴染と二人旅。忘れることは生きる上で不可欠な機能だけど、それは強制的に与えられるものではない。陽星と伊織がようやく向き合えてよかった。そしてタイトルの割に出番が少ない…と思っていたけど、伊織を一番思っていたのは彼女だったんだろう。伊織を立ち直らせるための願い、しっかりと受け取った。それ以外のみんなも背中を押してくれて、伊織の歩んできた道は厳しい道だったけど良い道だったなと。彼らなら星に願わずとも幸せを掴み取れると信じて …続きを読む
    リク
    2021年10月24日
    2人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品