今はまだ「幼馴染の妹」ですけど。4 四度目の流れ星の日が来るからね

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2021年10月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
264
ISBN:
9784046808455

今はまだ「幼馴染の妹」ですけど。4 四度目の流れ星の日が来るからね

  • 著者 涼暮 皐
  • イラスト あやみ
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2021年10月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
264
ISBN:
9784046808455

過去の全てと向き合って──解決編を始めよう

久高陽星。小中学校時代からの友人。星の涙の力で、冬月伊織を認識できなくなった少女。そして僕が救ったと勘違いしていた、もう一人の幼馴染。
そんな彼女と僕は、あの丘の上で突然光に包まれ、気がつくと「七年前の七月七日」らしきところにいた。そこで「七年前の伊織と流希」と出会い……
「未来のぼくによろしくね、伊織くんっ!」
「過去の世界」には、僕らの知っている世界と少しずつ違うところがあった。元の時間に戻るための「鍵」は何か? 「鍵」を探すために、これまで目を背けてきたふたりの幼馴染と、自分の願いと、過去の全てと向き合って、──解決編を始めよう。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「今はまだ「幼馴染の妹」ですけど。4 四度目の流れ星の日が来るからね」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 星の涙の力で冬月伊織を認識できなくなっていた少女・久高陽星。そんな彼女と伊織があの丘の上で突然光に包まれ、気がつくと「七年前の七月七日」にいて、七年前の伊織と流希に再会する第四弾。知っている世界と少し 星の涙の力で冬月伊織を認識できなくなっていた少女・久高陽星。そんな彼女と伊織があの丘の上で突然光に包まれ、気がつくと「七年前の七月七日」にいて、七年前の伊織と流希に再会する第四弾。知っている世界と少し違う過去の世界。示唆された元の時間に戻るための「鍵」の存在、そして目を背けてきたふたりの幼馴染。前巻の衝撃的な結末から陽星とともに過ごす日々は何とも複雑だろうなあと思いながら読みましたけど、明らかになってゆくそれぞれの過去があって、背中を押してくれる人がいて、向き合い過去を乗り越えた結末を読めて良かったです。 …続きを読む
    よっち
    2021年10月22日
    29人がナイス!しています
  • 1番大事な願いを叶える代わりに対象者の2番目に大事なものを奪うという星の涙を巡る物語堂々完結。 過去に戻った伊織と陽生が『鍵』となる様々な人物とのやり取りを通じて、誰が星の涙に何を願い何を失ったのかが 1番大事な願いを叶える代わりに対象者の2番目に大事なものを奪うという星の涙を巡る物語堂々完結。 過去に戻った伊織と陽生が『鍵』となる様々な人物とのやり取りを通じて、誰が星の涙に何を願い何を失ったのかが明らかになっていく展開は読み応えがありましたね。 斯くして本来あるべき姿に戻った彼らの日常が幸せなものになりますように。 …続きを読む
    オセロ
    2021年10月27日
    21人がナイス!しています
  • ラブコメ始まる前に終わったわ()あ、クレープ食ってるシーンの陽星は滅茶苦茶可愛かった。ラブコメや。さて打ち切りも見えてたとこでの完結巻めでたい。ラストということで全員が力を貸してくれる王道展開で良かっ ラブコメ始まる前に終わったわ()あ、クレープ食ってるシーンの陽星は滅茶苦茶可愛かった。ラブコメや。さて打ち切りも見えてたとこでの完結巻めでたい。ラストということで全員が力を貸してくれる王道展開で良かったですね。特にまなつがいい女すぎる!責任を負う辛さを自身の後悔に寄り添っていたのが勘違いだったとわかり押しつぶされそうになるなかまっすぐな親愛の情をもって背中を押してくれる。こんなん惚れるやろ。灯火派のワイ浮気。しかし流希はほんとに太陽だな。全部持ってたわ。後、こころの成長後の挿絵はよ。え、終わり?(8/10 …続きを読む
    ぽなぎ
    2021年10月30日
    13人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品