今はまだ「幼馴染の妹」ですけど。3 3年分の「ありがとう」だよ、先輩

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2020年10月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
264
ISBN:
9784040649474

今はまだ「幼馴染の妹」ですけど。3 3年分の「ありがとう」だよ、先輩

  • 著者 涼暮 皐
  • イラスト あやみ
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2020年10月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
264
ISBN:
9784040649474

――伊織先輩は、私のことなんて、早めに忘れてしまってほしい

生原小織。怪しげな露天商ナナさんの店でバイトをしている、正体不明・詳細不明・神出鬼没の後輩……のはずだった。そんな彼女が、病院で眠り続ける「思い出せない僕の親友」と同じ名前・顔をしているという。この不可思議な状況、「生原小織」は間違いなく《星の涙》を使っている、はずだ。
「私の――生原小織の願いを否定してほしいんだ」
僕は何もかもを忘れてしまっていた。「生原小織」の素顔、口調、性格、彼女と僕の関係。彼女が何を想い、何を願って《星の涙》に縋ってしまったのか。それら全てに、全ての感情に蓋をしてきたのだ。そして――そもそも対価を払ったのは誰だったのか、ということにも。

メディアミックス情報

NEWS

「今はまだ「幼馴染の妹」ですけど。3 3年分の「ありがとう」だよ、先輩」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 怪しげな露天商ナナさんの店でバイトする正体不明・詳細不明・神出鬼没の後輩・生原小織。病院で眠り続ける「思い出せない僕の親友」と同じ名前・顔をしている彼女から、その願いを否定してほしいと願われる第三弾。 怪しげな露天商ナナさんの店でバイトする正体不明・詳細不明・神出鬼没の後輩・生原小織。病院で眠り続ける「思い出せない僕の親友」と同じ名前・顔をしている彼女から、その願いを否定してほしいと願われる第三弾。今回は小織と一緒に向かった病院で眠り続ける彼女の夢の中で、思ってもみなかった出会いから徐々に小織との記憶を思い出してゆく伊織。そこには彼が気づかなかった過去があって、徐々に小織の真意も明らかになっていって、そこから容赦なくとどめを刺しに来るあたり、人の心がなさ過ぎるというか…これどうなっちゃうんでしょうか…。 …続きを読む
    よっち
    2020年10月23日
    36人がナイス!しています
  • ★★★ 一巻からラブコメの皮を被ったSFものとして読者のメンタルをぶち壊しにきていた作品だったけど、今巻はそういった性質が顕著に表れていた印象。正直終盤の手前辺りの時点で今巻のオチは何となく想像が ★★★ 一巻からラブコメの皮を被ったSFものとして読者のメンタルをぶち壊しにきていた作品だったけど、今巻はそういった性質が顕著に表れていた印象。正直終盤の手前辺りの時点で今巻のオチは何となく想像がついていたが、やはりそれでもこの結末はどうしても引きずってしまうものがあるなぁというところ。誰もが報われる結末なんて夢のまた夢の話なのかもしれないけど、それでもハッピーエンド至上主義の自分からすれば今作の苦味の部分は面白くもあり辛くもある。個人的に表紙でも描かれている終盤の場面は挿絵か口絵のどちらかでも用意→ …続きを読む
    まっさん
    2021年05月30日
    25人がナイス!しています
  • 前巻のラストを見て、今巻は悲しい物語になるだろうなと覚悟を持って読みましたが、やはり……。 “小織”が抱く伊織への想いに胸が締め付けられ、改めて副題を見て更に……。 エピローグでまたしてもぶっ込んでき 前巻のラストを見て、今巻は悲しい物語になるだろうなと覚悟を持って読みましたが、やはり……。 “小織”が抱く伊織への想いに胸が締め付けられ、改めて副題を見て更に……。 エピローグでまたしてもぶっ込んできましたし、これは4巻刊行してもらわないと! …続きを読む
    げんごろう
    2020年11月03日
    15人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品