英雄はアンブロシアを喰む 上

英雄はアンブロシアを喰む 上

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2023年12月01日
判型:
B6判
商品形態:
単行本
ページ数:
496
ISBN:
9784041144268

英雄はアンブロシアを喰む 上

  • 著者 小綱 実波
  • イラスト 円陣 闇丸
  • 定価: 円 (本体円+税)
発売日:
2023年12月01日
判型:
B6判
商品形態:
単行本
ページ数:
496
ISBN:
9784041144268

「背中を預けるには」シリーズ 小綱実波先生の書き下ろし最新作!

俳優の真宮藍は撮影のため渡米し、美貌のボディーガード・イーサンと出会う。イーサンは「ようやく見つけた」という謎めいた言葉とともに藍を翻弄し、神と人間が生きる異世界へと藍を連れ去る。イーサンの正体は半神ニキアスであり、神の庭から悪神によって流された『英雄の果実』を取り戻すために派遣された英雄候補だった。そして英雄候補に無限の力を与える果実こそ人間として受肉した藍の本性であった。異世界に連れてきたニキアスを許せずにいた藍だが、ニキアスの過酷な使命を知り、力になりたいと思い始める。だが無意識に甘い匂いを放つ藍を巡り、各国の英雄候補たちとの戦いが起こり――? 俳優の真宮藍は撮影のため渡米し、美貌のボディーガード・イーサンと出会う。イーサンは「ようやく見つけた」という謎めいた言葉とともに藍を翻弄し、神と人間が生きる異世界へと藍を連れ去る。イーサンの正体は半神ニキアスであり、神の庭から悪神によって流された『英雄の果実』を取り戻すために派遣された英雄候補だった。そして英雄候補に無限の力を与える果実こそ人間として受肉した藍の本性であった。異世界に連れてきたニキアスを許せずにいた藍だが、ニキアスの過酷な使命を知り、力になりたいと思い始める。だが無意識に甘い匂いを放つ藍を巡り、各国の英雄候補たちとの戦いが起こり――?

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

「英雄はアンブロシアを喰む 上」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • アンブロンシアとは最も勇なる神子の戦果となる英雄の果実。ニキアスの父神クロノキア神が冤罪で断された為、ニキアスは自分の神力を大地に注ぎ続け国を救ってきた。更に自身の翼をもいで悪意に流された英雄の果実を アンブロンシアとは最も勇なる神子の戦果となる英雄の果実。ニキアスの父神クロノキア神が冤罪で断された為、ニキアスは自分の神力を大地に注ぎ続け国を救ってきた。更に自身の翼をもいで悪意に流された英雄の果実を求めて異界に渡る。漸く果実ある藍に巡り合う。神の地に戻り難を経てニキアスを理解した藍は番となるが、英雄の果実を番になど本来はできないわけで…しかし真実を知った藍はニキアスに正当に英雄の果実を得る権利、そして父の冤罪を晴らす為元の力を取り戻す為に自分を喰むように説得する…カイロスが何か怪しい…いいとこで次巻へ …続きを読む
    かんちゃん@令和ヽ(*゚∀゚*)ノ
    2024年01月03日
    3人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品