だから僕は… ガンダムへの道

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2002年11月30日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
338
ISBN:
9784044101657

だから僕は… ガンダムへの道

  • 著者 富野 由悠季
  • イラスト とり・みき
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2002年11月30日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
338
ISBN:
9784044101657

富野由悠季の100%ノンフィクションの青春!

「この本は嘘やごまかしは書かないと誓って書いた!」ガンダムを生んだ富野由悠季が汗と涙と恥にまみれた、がむしゃらの青春を告白したエッセイ。かっこ悪さが偉大なる才能を磨いていくさまが、僕らに勇気をくれる!

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「だから僕は… ガンダムへの道」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ガンダムの新作「Gのレコンギスタ」が上映中に合わせて読んだ監督の自伝。アトムの苦労、監督交代、家族のことを赤裸々に書いてあり、とても読みごたえがありました。 ガンダムの新作「Gのレコンギスタ」が上映中に合わせて読んだ監督の自伝。アトムの苦労、監督交代、家族のことを赤裸々に書いてあり、とても読みごたえがありました。
    友和
    2014年08月25日
    10人がナイス!しています
  • 「ガンダムへの道」ですので、ガンダムについての話はほぼありませんでしたが、昔のアニメ制作についてのお話などは知らない事ばかりだったので面白く読めました。私は「勇者ライディーン」を途中で降ろされてしまう 「ガンダムへの道」ですので、ガンダムについての話はほぼありませんでしたが、昔のアニメ制作についてのお話などは知らない事ばかりだったので面白く読めました。私は「勇者ライディーン」を途中で降ろされてしまう辺りの話がすごく印象に残りました。もしも「勇者ライディーン」で富野氏が成功していたら…という「IFストーリー」を勝手に想像してしまったほどです。自伝の読み方としては邪道かもしれませんが、たまにはこういう妄想をするのもいいなあと思いました。 …続きを読む
    あるみの
    2021年10月26日
    3人がナイス!しています
  • 若き日の富野ががむしゃらにアニメの道を突き進んだエネルギーが、この本の中に満ちているから。しかも、この本を書いた頃の富野氏は、私よりほんの数歳、年上なだけなのだ。 自分と同世代の人間にこれだけのことが 若き日の富野ががむしゃらにアニメの道を突き進んだエネルギーが、この本の中に満ちているから。しかも、この本を書いた頃の富野氏は、私よりほんの数歳、年上なだけなのだ。 自分と同世代の人間にこれだけのことができた、やって見せたんだ、しかもさらに先に進もうとしている・・そういう文章を読んでしまうと、自分の矮小さとともに、自分もやらなきゃと言う励みがうまれる。 富野に殴られたい人は、この本を読め! 今は、そう言いたい気持ちです。 …続きを読む
    ryuetto
    2003年03月06日
    2人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品