試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

作品特設サイト
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2021年07月16日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
224
ISBN:
9784041111536

准教授・高槻彰良の推察EX

  • 著者 澤村 御影
  • イラスト 鈴木 次郎
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2021年07月16日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
224
ISBN:
9784041111536

ドラマ化決定! 話題沸騰民俗学ミステリ、キャラクターの魅力満載の番外編

高槻の研究室に、市松人形を抱いた日本史の三谷教授が訪ねてきた。
蚤の市で手に入れたその人形の写真をブログにアップしたところ、元の持ち主の孫を名乗る人物から連絡があった。
曰く、その人形は勝手に髪がのびたり動き回ったりするので、母親が気味悪がって捨ててしまったという。
怪異の匂いを嗅ぎつけた高槻は、気乗りしない尚哉を引っ張って嬉々として調査に乗り出し……。(――「お人形あそびしましょ」)

高槻の研究室に足しげく通うようになり、ついに自分専用のマグカップを置くようになった尚哉。
そのマグカップにプリントされている犬の絵を見た研究室の院生・瑠衣子や唯から、尚哉は「わんこくん」と呼ばれるように。
これは、そんな「わんこくん」が昔飼っていたゴールデンレトリーバーと、彼の家族のちょっぴり切ないお話。(――「わんこくんのわんこの話」)

ほか、尚哉の数少ない友人・難波からみた尚哉のお話や佐々倉の休日など、全4編収録!
シリーズファンの方はもちろん、ここから読んでも楽しめること間違いなし、キャラクターの魅力満載でお届けする番外編!


イラスト/鈴木次郎

もくじ

第一章 お人形あそびしましょ
第二章 わんこくんのわんこの話
第三章 俺の友達の地味メガネくん
第四章 休日は本棚を買いに

ドラマ化記念! オリジナルグッズ情報はこちら


  • ニコニコカドカワ祭り2021
    ニコニコカドカワ祭り2021

メディアミックス情報

NEWS

「准教授・高槻彰良の推察EX」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ほっこりタイムの一冊。本編とはまた違う味わい。強いて言えばおやつを食べているようなほっこりタイム。それはまさに幸せタイム。一話目はどストライクな市松人形の怪異。アキラ先生と一緒に目がキラキラしてしまっ ほっこりタイムの一冊。本編とはまた違う味わい。強いて言えばおやつを食べているようなほっこりタイム。それはまさに幸せタイム。一話目はどストライクな市松人形の怪異。アキラ先生と一緒に目がキラキラしてしまった。やっぱり人形には魂が宿るのかな、この微妙な終わり方が最高。わんこくんのわんこの思い出には涙。あぁ、やっぱりペットって良い。かけがえのない時間と幸せをくれる、そこを涙ながらに噛み締めた。難波くんの魅力も増し増し、健ちゃんの警察事情にはちょっと不安感を植え付けられてますます今後の展開に楽しみが膨らむ。 …続きを読む
    ちょろこ
    2021年08月30日
    134人がナイス!しています
  • シリーズ番外編的な一冊。いきなりこれから読むより、シリーズを少しでも読んでいるほうが楽しめると思う。『お人形あそびしましょ』史学科日本史専攻の三谷教授が登場。お人形遊びする教授、キャラ濃くて好き(笑) シリーズ番外編的な一冊。いきなりこれから読むより、シリーズを少しでも読んでいるほうが楽しめると思う。『お人形あそびしましょ』史学科日本史専攻の三谷教授が登場。お人形遊びする教授、キャラ濃くて好き(笑) アキラ先生と尚哉が動く市松人形の謎を調査する。2巻のコックリさん騒動の五年二組のその後もチラリ。『わんこくんのわんこの話』尚哉が飼っていたゴールデンレトリーバーのレオとのお話。泣けるなぁ。優しい嘘もつかせてくれない息子に、母はどう向き合えば良かったのだろう。きっと母も辛かっただろうと思う。→ …続きを読む
    さっちゃん
    2021年07月24日
    77人がナイス!しています
  • 高槻の研究室に訪ねてきた日本史の三谷教授が持ってきた市松人形、尚哉が昔飼っていたゴールデンレトリーバーと彼の家族の切ないエピソード、尚哉の数少ない友人・難波からみた尚哉、佐々倉の周辺事情や休日など、キ 高槻の研究室に訪ねてきた日本史の三谷教授が持ってきた市松人形、尚哉が昔飼っていたゴールデンレトリーバーと彼の家族の切ないエピソード、尚哉の数少ない友人・難波からみた尚哉、佐々倉の周辺事情や休日など、キャラクターの意外な魅力が発見できるシリーズ初の短編集で、高槻先生は相変わらずでしたけど、個人的には難波視点で明かされる尚哉の大学生活の様子や(そんなエピソードがあったとは思いませんでしたw)、佐々倉視点で語られる異質事件操作係との関係、彼が感じた周囲の人たちの変化などいろいろと興味深く読めました。続巻も期待。 …続きを読む
    よっち
    2021年08月16日
    64人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品