彼女が好きなものはホモであって僕ではない

ドラマ化作品|コミカライズ化作品

TVドラマ「腐女子、うっかりゲイに告(こく)る。」 原作小説

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

kakuyomu 作品特設サイト
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2020年06月12日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
352
ISBN:
9784040735108

ドラマ化作品|コミカライズ化作品

TVドラマ「腐女子、うっかりゲイに告(こく)る。」 原作小説

彼女が好きなものはホモであって僕ではない

  • 著者 浅原 ナオト
  • 装画 新井 陽次郎
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2020年06月12日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
352
ISBN:
9784040735108

繋がれない僕らは、それでも、あたりまえの幸せを手に入れたい。

同性愛者であることを隠して日々を過ごす高校生・安藤純は、BL(ボーイズ・ラブ)好きの同級生・三浦紗枝の告白を受け入れ、付き合うことに。しかし、純には身体を許す既婚の中年男性のパートナーがいて……。純、紗枝を応援するクラスメイト、唯一純の苦悩を受け入れ共有してくれるネット上の友人「ミスター・ファーレンハイト」……周囲との軋轢の中、すれ違う二人が導き出した理想の関係とは? 決して交わることのない少年と少女が、壊れそうな関係を必死に守ろうとする姿を追う感動の青春群像劇。

もくじ

Track1:Good Old Fashioned Lover Boy
Track2:I Want It All
Track3:The Show Must Go On
Track4:The March of the Black Queen
Track5:Bohemian Rhapsody
Track6:Somebody to Love
Track7:Love of My Life
Track8:Teo Toriatte
Bonus Track:Don't Stop Me Now
解説 三浦直之

おすすめコメント

「ダ・ヴィンチ ニュース」レビュー
欲しいのは「あたりまえの幸せ」―― 『彼女が好きなものはホモであって僕ではない』が描く青春小説の最前線
https://ddnavi.com/review/438091/a/

タイトルについて:「カクヨム」著者近況ノートより
『彼女が好きなものはホモであって僕ではない』発売に際して、著者より
https://kakuyomu.jp/users/Mark_UN/news/1177354054885229054

メディアミックス情報

NEWS

オーディオブック

アマゾンAudible(オーディブル)他にてオーディオブックを配信中。
ナレーション:本多 諒太

コミカライズ

「COMIC BRIDGE」にてコミカライズ掲載中。

「彼女が好きなものはホモであって僕ではない」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ★★★★★★★七つ星👏私も、告白しましょう。私も、同性愛者で、女ですが、女性が好きです。この純って男の子も男性が好きです。そういう話です。結論から言うと、凄く考えさせられて、私は、同性愛者に偏見があ ★★★★★★★七つ星👏私も、告白しましょう。私も、同性愛者で、女ですが、女性が好きです。この純って男の子も男性が好きです。そういう話です。結論から言うと、凄く考えさせられて、私は、同性愛者に偏見がある人皆に読んで欲しい作品でした。だからか、純くんの同性が好きな気持もすっごい分かったし、それで辛くて死にたくなったときもあったし、別れた後も一年くらい辛かったです。普通とは何か?私も普通ってないんじゃないかと思う。人それぞれで良いんじゃないかって思う。凄く読み応えがありました。是非、オススメです(*^_^*) …続きを読む
    佳蓮★道央民
    2020年06月20日
    35人がナイス!しています
  • 歪に始まってしまった、決して同じ景色を見ることができない純と紗枝の「恋愛」。悲しい恋のカタチに葛藤する二人の青春ラブストーリー。BL大好きな腐女子の紗枝。彼女が出会った初めてホモであって欲しくないと思 歪に始まってしまった、決して同じ景色を見ることができない純と紗枝の「恋愛」。悲しい恋のカタチに葛藤する二人の青春ラブストーリー。BL大好きな腐女子の紗枝。彼女が出会った初めてホモであって欲しくないと思った同級生の純は、中年男性を恋人にもつホモだった‼人から受ける純粋な愛がこんなに残酷で、人を愛することがこんなに切なく苦しいものだなんて…。周りの人からの侮蔑、自己否定等、性的マイノリティーの想像以上の孤独や生き辛さをこの小説で初めて意識した。普通の恋愛。好きになることの自由。家族をもつ夢。成就しない恋。涙。 …続きを読む
    えみ
    2020年06月16日
    29人がナイス!しています
  • 普通に良い青春小説だった。うまく言葉にできない。 普通に良い青春小説だった。うまく言葉にできない。
    葵@晴読雨読
    2020年06月20日
    25人がナイス!しています

powered by 読書メーター

著者紹介

浅原 ナオト(あさはら なおと)

小説投稿サイト「カクヨム」に2016年10月より『彼女が好きなのはホモであって僕ではない』を投稿開始、18年書籍デビュー。2019年5月には新作の青春小説『御徒町カグヤナイツ』を刊行予定。

最近チェックした商品