御徒町カグヤナイツ

僕らにはすべてがあった……少女と中二少年たちの過激で切ない青春のひと夏

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2019年05月22日
判型:
B6判
商品形態:
単行本
ページ数:
336
ISBN:
9784041082836
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

御徒町カグヤナイツ

僕らにはすべてがあった……少女と中二少年たちの過激で切ない青春のひと夏

  • 著者 浅原 ナオト
  • 装画 新井 陽次郎
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2019年05月22日
判型:
B6判
商品形態:
単行本
ページ数:
336
ISBN:
9784041082836

僕らにはすべてがあった……少女と中二少年たちの過激で切ない青春のひと夏

彼女を想うと、僕はいつでもはじめに、あの真っ白な月のことを思い出す――『彼女が好きなものはホモであって僕ではない』の浅原ナオトが瑞々しく描く、これ以上ない熱くて切ない、僕たちの青春。その夏、いつもブルーハーツの曲が流れていた……。
「月に人が住む王国があるの、知ってる?」――青春を無防備に過ごすヒロトの前に現れた一人の少女。何でも自分は月の王国の女王の娘で、間もなく月に帰らなければならないという。しかし、現実にはそんなことはあるはずもなく、何か事情がありそうで……。謎の少女に逆ナンされた少年と、特別な友情で結ばれた中学生たちが織りなす、卒業までの青春の熱きかけがえのないひと時。中学卒業と一緒に、僕たちは何を卒業するのだろう……。話題作『彼女が好きなものはホモであって僕ではない』の浅原ナオトが描く、誰も見たことのない感動の青春群像劇。

もくじ

【目次】
第一話「戦士の詩」/第二話「武闘家の詩」/第三話「魔法使いの詩」/第四話「盗賊の詩」/第五話「月姫の詩」/第六話「騎士団の詩」

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「御徒町カグヤナイツ」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 中学最後の春休み、飲酒が見つかり警察から逃げていたヒロトは、不思議な女の子に逆ナンされる。 月の姫を自称する少女と、彼女を守る騎士団の冒険が始まって──。 果てしなくカッコ悪くて、最高にカッコいい青春 中学最後の春休み、飲酒が見つかり警察から逃げていたヒロトは、不思議な女の子に逆ナンされる。 月の姫を自称する少女と、彼女を守る騎士団の冒険が始まって──。 果てしなくカッコ悪くて、最高にカッコいい青春小説。 あと、ソンのキレるシーンが本当に好きです。そしてカトウの下の名前が気になる……。 …続きを読む
    あおやまみなみ
    2019年05月25日
    6人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品