試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2019年11月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784049128604

僕が僕をやめる日

  • 著者 松村 涼哉
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2019年11月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784049128604

『15歳のテロリスト』著者が贈る、衝撃の慟哭ミステリー第2弾!

「死ぬくらいなら、僕にならない?」――生きることに絶望した立井潤貴は、自殺寸前で彼に救われ、それ以来〈高木健介〉として生きるように。それは誰も知らない、二人だけの秘密だった。2年後、ある殺人事件が起きるまでは……。
 高木として殺人容疑をかけられ窮地に追い込まれた立井は、失踪した高木の行方と真相を追う。自分に名前をくれた人は、殺人鬼かもしれない――。葛藤のなか立井はやがて、封印された悲劇、少年時代の壮絶な過去、そして現在の高木の驚愕の計画に辿り着く。

 かつてない衝撃と感動が迫りくる――緊急大重版中『15歳のテロリスト』に続く、衝撃の慟哭ミステリー最新作!


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「僕が僕をやめる日」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 「15歳のテロリスト」の著者の作品です。現代の社会問題をテーマにし、作品自体はページ数が少ないのでサクッと読めるのに、重くて語りかけてくるものが多くて…切なくて…キリキリと胸をしめつけられる苦しさがあ 「15歳のテロリスト」の著者の作品です。現代の社会問題をテーマにし、作品自体はページ数が少ないのでサクッと読めるのに、重くて語りかけてくるものが多くて…切なくて…キリキリと胸をしめつけられる苦しさがありました…。こんなにも生きるってことは難しいものなの?貧困や無戸籍児問題…その先にあるものを知ると可愛そうでやるせないです…。 …続きを読む
    momi
    2020年01月20日
    47人がナイス!しています
  • 困窮し生きることに絶望した立井潤貴。そんな彼を救った高木健介の代わりに大学に通うようになった二年後、高木が突如失踪するミステリ。作家でもある高木との充実した共同生活、そして失踪から始まる突然の暗転。残 困窮し生きることに絶望した立井潤貴。そんな彼を救った高木健介の代わりに大学に通うようになった二年後、高木が突如失踪するミステリ。作家でもある高木との充実した共同生活、そして失踪から始まる突然の暗転。残された数少ない手掛かりと作品をもとに高木の過去を知る人に会い、その行方を追う立井が知ってゆく意外な繋がりと高木の壮絶な過去。彼らが置かれた環境の過酷さと、何度も絶望感を突き付けられる彼らの生々しい感情描写はインパクトがあって、繋がってゆく複雑な因縁とその結末に至るまでを描く著者の熱い想いで読ませる物語でした。 …続きを読む
    よっち
    2019年12月28日
    47人がナイス!しています
  • 村松先生の小説、気がついたらデビュー作から全て読んでいて、それはいつかきっと驚くべき小説に出会える気がするという直感があるから。この作品も非常に良い線いっているのだが、もっと驚かせて欲しいのだ。それま 村松先生の小説、気がついたらデビュー作から全て読んでいて、それはいつかきっと驚くべき小説に出会える気がするという直感があるから。この作品も非常に良い線いっているのだが、もっと驚かせて欲しいのだ。それまで追い続ける。貧困青年が別人として生きるという話が主軸の本作。相変わらず、自分が主人公の立場だったらどうするんだろうと考える旅がはじまった。そして答えはまだ出ない。 …続きを読む
    sakai
    2019年11月24日
    30人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品