15歳のテロリスト

15歳のテロリスト

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

label
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2019年03月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784049123968
label

15歳のテロリスト

  • 著者 松村 涼哉
  • 定価: 円 (本体円+税)
発売日:
2019年03月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784049123968

なぜ少年はテロリストになったのか――衝撃と感動が迫りくる慟哭ミステリー

「すべて、吹き飛んでしまえ」
 突然の犯行予告のあとに起きた新宿駅爆破事件。容疑者は渡辺篤人。たった15歳の少年の犯行は、世間を震撼させた。
 少年犯罪を追う記者・安藤は、渡辺篤人を知っていた。かつて、少年犯罪被害者の会で出会った、孤独な少年。何が、彼を凶行に駆り立てたのか――? 進展しない捜査を傍目に、安藤は、行方を晦ませた少年の足取りを追う。
 事件の裏に隠された驚愕の事実に安藤が辿り着いたとき、15歳のテロリストの最後の闘いが始まろうとしていた――。

「ページをめくる度、常識が裏切られていく。手を触れたら指が切れてしまうような物凄い小説」――佐野徹夜(『君は月夜に光り輝く』著者)も大絶賛!
心に突き刺さる衝撃と感動――空前の衝撃作『ただ、それだけでよかったんです』で話題を呼んだ松村涼哉が描く、慟哭ミステリーが登場!
「すべて、吹き飛んでしまえ」
 突然の犯行予告のあとに起きた新宿駅爆破事件。容疑者は渡辺篤人。たった15歳の少年の犯行は、世間を震撼させた。
 少年犯罪を追う記者・安藤は、渡辺篤人を知っていた。かつて、少年犯罪被害者の会で出会った、孤独な少年。何が、彼を凶行に駆り立てたのか――? 進展しない捜査を傍目に、安藤は、行方を晦ませた少年の足取りを追う。
 事件の裏に隠された驚愕の事実に安藤が辿り着いたとき、15歳のテロリストの最後の闘いが始まろうとしていた――。

「ページをめくる度、常識が裏切られていく。手を触れたら指が切れてしまうような物凄い小説」――佐野徹夜(『君は月夜に光り輝く』著者)も大絶賛!
心に突き刺さる衝撃と感動――空前の衝撃作『ただ、それだけでよかったんです』で話題を呼んだ松村涼哉が描く、慟哭ミステリーが登場!

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

「15歳のテロリスト」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ラノベとして出されているけども社会的に真剣な物語。被害者家族、加害者家族どちらの気持ちも分かってしまい辛い。少年法の問題点も提示されていて被害者のことを考えると厳罰化で実名報道、加害者のことを考えると ラノベとして出されているけども社会的に真剣な物語。被害者家族、加害者家族どちらの気持ちも分かってしまい辛い。少年法の問題点も提示されていて被害者のことを考えると厳罰化で実名報道、加害者のことを考えると更生のために守らなくてはならない⋯答えはきっと出ない。ミステリー仕立てになっていて、予想はつくがそこが良い。主人公2人が明るい未来であるよう願う。「気遣いも気分転換も不要なものだ。ボクは傷を忘れたくない。元気になりたいわけじゃない。ただ求めるのは、家族の喪失を埋め合わせる対価のみ。余計なことはいらなかった。」 …続きを読む
    ソルティ
    2022年08月12日
    273人がナイス!しています
  • 『15歳のテロリスト』その表題に引き寄せられるように手に取った。15歳の少年“渡辺篤人”が行ったテロ行為の隠された真実とは…。本作は著者によるメッセージ性の強さを彷彿とさせられる内容である。少年犯罪を題材と 『15歳のテロリスト』その表題に引き寄せられるように手に取った。15歳の少年“渡辺篤人”が行ったテロ行為の隠された真実とは…。本作は著者によるメッセージ性の強さを彷彿とさせられる内容である。少年犯罪を題材として被害者家族と加害者家族、そして現在のマスメディアによる情報発信の仕方を痛切に訴えているように思えて改めて真実とは何か?を問われているように感じた。終始重たいテーマで話は進むが、作中に出てくる花『スノードロップ』その花言葉には“希望”の文字も含まれている。とても満足感のある一冊である。 …続きを読む
    ナルピーチ
    2020年12月16日
    266人がナイス!しています
  • もっとアオハルな内容かと思いきや、少年法や被害者と加害者家族といった社会問題にスポットをあて、問題提起された良作でした。 多少ライトな進展に黒幕と、軽めなところはあるものの、被害者の加害者に対する感情 もっとアオハルな内容かと思いきや、少年法や被害者と加害者家族といった社会問題にスポットをあて、問題提起された良作でした。 多少ライトな進展に黒幕と、軽めなところはあるものの、被害者の加害者に対する感情や葛藤はしっかり伝わり、あっという間に読了。 予想以上に深く、面白かったかな。 …続きを読む
    たかし
    2020年03月14日
    240人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品