同調圧力

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2019年06月08日
判型:
新書判
商品形態:
新書
ページ数:
256
ISBN:
9784040823027

同調圧力

  • 著者 望月 衣塑子
  • 著者 前川 喜平
  • 著者 マーティン・ファクラー
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2019年06月08日
判型:
新書判
商品形態:
新書
ページ数:
256
ISBN:
9784040823027

暗黙のルールを軽快に打ち破る著者たちが、息苦しい社会に一石を投じる

【目次】
第一章 記者の同調圧力 望月衣塑子
1 質問を妨げられる記者会見
 国会でのレッテル貼り
 申し入れ書という名の締め出し
2 記者と同調圧力
 抜くか抜かれるか
 削られた8行
 君らの背後にいる国民に向けてオレは話しているんだ
 ジャパンタイムズの変節
3 同調圧力に屈しない人々
 真冬の撮影
 映像の強さ
 伊藤詩織さんとの再会

第二章 組織と教育現場の同調圧力 前川喜平
1 何もしないという同調圧力
 遅れず、休まず、働かず
 外国人のための日本語教育政策の振り揉め
 省庁としてのワンボイス
2 道徳教育が生み出す同調圧力
 前任者から引き継ぐ時限爆弾
 面従腹背に徹し切れなかったとき
 道徳の教科化への憂慮
 同調圧力を教える教材
3 真に自由な人間に同調圧力は無力だ
 新自由主義はなぜ排外主義に向かうのか
 答えは自分で見つけるしかないと悟った高校時代
 多感な10代の自問自答が自分のなかの座標軸をつくる

第三章 メディアの同調圧力 マーティン・ファクラー
1 アメリカの報道はスクープ報道から調査報道へ
 戦争を招いてしまった大誤報
 なぜ特ダネをもらえたのかを考える
2 日本メディアに危機感がない理由
 オバマ大統領の圧力
 日本の新聞社は不動産業だ
 Iを主語にした新聞記事
3 信頼できるメディアが道しるべに 
 記者クラブというカルテル制度
 談合的に生み出される記事
 朝日新聞の残念な撤退
 心地いいポチに戻る

巻末付録 座談会 同調圧力から抜け出すには
 薄れてしまった記者たちの危機感
 日本の報道は天国?
 個人ネタをリークする機関とは
 人事の前で口を閉ざさざるを得ない
 菅官房長官が一元管理する役人の人事
 究極のKY力


メディアミックス情報

NEWS

「同調圧力」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 望月「みんながそれぞれ所属している職場などの場所があり、集団の中でとりあえずはこうしなくてはいけない、何かに合わせないといけない、といった事はたくさんあると思う。それでも一方では、自分の中でこれだけは 望月「みんながそれぞれ所属している職場などの場所があり、集団の中でとりあえずはこうしなくてはいけない、何かに合わせないといけない、といった事はたくさんあると思う。それでも一方では、自分の中でこれだけは大切にしていきたい、これだけは伝えていきたい、あるいは自らが声を出すことで変えていきたい、と思えるものが必ずあるはずなんですよね。たとえ周囲からいろいろなことを言われたとしても、今の自分がどのように行動していけばいいのかを、自分自身の内なる声に耳をすませながら探し当てていく。・・・」大きな勇気だ。 …続きを読む
    jima
    2019年07月18日
    23人がナイス!しています
  • 映画『新聞記者』でTV討論会のシーンで実際に鼎談が行われいたのを付録として収録している。それぞれ三人の論調と付録の鼎談。日本の記者クラブの問題、官僚組織の同調圧力、世界の報道(アメリカ)との比較。望月 映画『新聞記者』でTV討論会のシーンで実際に鼎談が行われいたのを付録として収録している。それぞれ三人の論調と付録の鼎談。日本の記者クラブの問題、官僚組織の同調圧力、世界の報道(アメリカ)との比較。望月記者は実際に記者クラブで行われた官邸報道官から圧力。映画でも出てきたが伊藤詩織さんとの出会い。ついでに森達也のドキュメンタリーが公開される予定とのこと。元官僚の前川喜平氏の文部科学省の道徳教育の同調圧力の問題は、教育勅語など日本会議の主張が安倍政権を通じて教育改悪に及んでいるという話。 …続きを読む
    かふ
    2019年07月09日
    18人がナイス!しています
  • 現在の日本社会を覆っている同調圧力について警笛を鳴らす内容。権力をチェックするはずのメディアが、それを期待する読者や視聴者と同じ目線でないことが新聞離れやテレビ離れを生み、政治的無関心を生んでいるので 現在の日本社会を覆っている同調圧力について警笛を鳴らす内容。権力をチェックするはずのメディアが、それを期待する読者や視聴者と同じ目線でないことが新聞離れやテレビ離れを生み、政治的無関心を生んでいるのではないか。政権寄りの報道ばかり賞賛され、批判的報道に対しては権力を振りかざし規制するという現状では、ジャーナリズムという言葉が虚しく響く。 …続きを読む
    まゆまゆ
    2019年08月06日
    13人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品