映画化作品

第19回 日本ホラー小説大賞 読者賞

角川ホラー文庫

ホーンテッド・キャンパス 夏と花火と百物語

こよみちゃんと花火大会!の筈が、百物語が開催され恐怖に怯える森司だが…

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2018年10月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784041075272
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

作品特設サイト

映画化作品

第19回 日本ホラー小説大賞 読者賞

角川ホラー文庫

ホーンテッド・キャンパス 夏と花火と百物語

こよみちゃんと花火大会!の筈が、百物語が開催され恐怖に怯える森司だが…

  • 著者 櫛木 理宇
  • イラスト ヤマウチ シズ
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2018年10月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784041075272

こよみちゃんと花火大会!の筈が、百物語が開催され恐怖に怯える森司だが…

夏休み。草食系大学生の森司は、
オカルト研究会の皆と、
セレブなマンションのラウンジで花火大会を見ることに。
片想いのこよみちゃんの隣に座り、
リア充すぎる状況だけど、真の目的は百物語。
誰もいない筈の場所にカメラの顔認識表示が出るA子、
「親父の臭い」に縛られる一家……。
背筋も凍る話が続く中、参加者に異変が……!! 
ほか、呪いの能面など、怖すぎる話が満載! 
森司とこよみの恋模様も堪能できる、
青春オカルトミステリ14弾!

登場人物

灘 こよみ(なだ こよみ)

大学二年生。美少女だが常に眉間にしわが寄っている。霊に狙われやすい体質。

八神 森司(やがみ しんじ)

大学二年生(一浪)。超草食男子。霊が視えるが、対処はできない。こよみに片思い中。

黒沼 和泉(くろぬま いずみ)

大学四年生。身長190cmの精悍な偉丈夫。黒沼部長の分家筋の従弟。部長を「本家」と呼び、護る。

黒沼 麟太郎(くろぬま りんたろう)

大学院生。オカ研部長。こよみの幼なじみ。オカルトについての知識は専門家並み。

三田村 藍(みたむら あい)

大学四年生。オカ研副部長。身長170cm以上のスレンダーな美女。アネゴ肌で男前な性格。

小山内 陣(おさない じん)

歯学部二年生。甘い顔立ちとモデルばりのスタイルを持つ好青年。こよみの元同級生。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

プロモーションムービー

『ホーンテッド・キャンパス』テレビCM

『ホーンテッド・キャンパス』TVスポット


「ホーンテッド・キャンパス 夏と花火と百物語」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • シリーズ14作目。今回のテーマは百物語、魔女狩り、呪いの能面。そういえば、このシリーズに百物語ってありそうでなかったのか。いくつも怖い話が楽しめてお得な感じ。人の悪意や醜い闇の部分に触れる度、本当に怖 シリーズ14作目。今回のテーマは百物語、魔女狩り、呪いの能面。そういえば、このシリーズに百物語ってありそうでなかったのか。いくつも怖い話が楽しめてお得な感じ。人の悪意や醜い闇の部分に触れる度、本当に怖いのはやはり人間そのものなんだなと改めて突き付けられる一方で、それを救うのもやはり人間であるということにほっとする。雑誌にベストカップルとして紹介された森司くんとこよみちゃんの関係は相変わらず進んだんだか進んでないんだか。けれど、いざという時にはちゃんと格好いい森司くんの姿も見れたので満足。今回も楽しかった。 …続きを読む
    2018年10月27日
    62人がナイス!しています
  • いやー、良かった♪ やっと森司とこよみちゃんの仲が進展して、ほっと一息つけました。お話の方も、百物語も能面も趣向が凝らされていて、読んでいてワクワクしました。次は学祭かな。楽しみです🎵 そろそろ、こ いやー、良かった♪ やっと森司とこよみちゃんの仲が進展して、ほっと一息つけました。お話の方も、百物語も能面も趣向が凝らされていて、読んでいてワクワクしました。次は学祭かな。楽しみです🎵 そろそろ、こよみちゃんに取り憑いているモノの話も読みたいな。 …続きを読む
    ネムコ
    2018年10月27日
    58人がナイス!しています
  • こよみとベストカップルとして紹介された雑誌が話題になる中、森司が再会した苦い思い出を持つ中学時代の恩師。リア充なイベント花火大会でオカ研メンバーたちと百物語をする第十四弾。周囲も認めつつある絶好の機会 こよみとベストカップルとして紹介された雑誌が話題になる中、森司が再会した苦い思い出を持つ中学時代の恩師。リア充なイベント花火大会でオカ研メンバーたちと百物語をする第十四弾。周囲も認めつつある絶好の機会なのに、挙動や妄想まで似た者同士な二人の何とももどかしい進展しそうでしない感w だけど百物語やミニチュア工作、能面などに絡む悪意の事件に巻き込まれる中、森司はきちんと筋を通したりピンチにはこよみをしっかり守るカッコよさがあって、今回の結末にも苦笑いなんですが、これはこれで二人らしい関係なのかなとも思えました。 …続きを読む
    よっち
    2018年10月24日
    56人がナイス!しています

powered by 読書メーター

著者紹介

櫛木 理宇(くしき りう)

1972年新潟県生まれ。
2012年『ホーンテッド・キャンパス』で第19回日本ホラー小説大賞・読者賞を受賞しデビュー。
同年、「赤と白」で第25回小説すばる新人賞を受賞し、二冠を達成。今後の活躍が期待される新鋭。

最近チェックした商品