試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2018年07月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784041071007

昨日の僕が僕を殺す

  • 著者 太田 紫織
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2018年07月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784041071007

大ヒット「櫻子さんの足下には死体が埋まっている」著者、新作始動!

北海道、小樽。ロシア系クオーターの男子高校生、淡井ルカは、
叔母を弔うため、彼女の愛したベーカリーを訪れる。
そこで出会ったのは、イケメン店長の汐見と人懐っこい青年、榊。
直後、級友に肝試しで廃屋に呼び出されたルカは、
化け物じみた老婦人から、死んだ娘の婿になれと迫られる。
絶体絶命の中、榊に救われたルカだが、
彼と汐見には驚くべき秘密が……。
孤独な少年と、人に溶け込むあやかし達の、
パンと絆のホラーミステリ!

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「昨日の僕が僕を殺す」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 【悲しみや好奇心、迂闊さで、昨日の僕に殺されないように。僕は死なない人達と、明日を生きていく(ルカ)】人と人ならざる者たちが交わるお話。天狗や狗神、吸血鬼など様々な妖が登場して面白いのと、ルカに全力で 【悲しみや好奇心、迂闊さで、昨日の僕に殺されないように。僕は死なない人達と、明日を生きていく(ルカ)】人と人ならざる者たちが交わるお話。天狗や狗神、吸血鬼など様々な妖が登場して面白いのと、ルカに全力で愛情を注ぐ榊ことブンの狗神の愛が癒し。ルカの過去が思った以上にヘビーであり、それを引き摺ってルカ自身がかなりの卑屈でいてウジウジしたり、疑心暗鬼になったりとネガティヴさてんこ盛りが目立ちましたが、渚たちと関わったことでどう変わっていくのかが今後の楽しみとなりました。蝶子のツン9割、デレ1割がなんかツボる♡ …続きを読む
    禍腐渦狂紳士タッキー【主にBL作品感想係】
    2019年01月28日
    134人がナイス!しています
  • 「ライトに文芸始めませんか」イベントに乗り読んでみました。昨今、巷には家族を殺めるという哀しいニュースが溢れている。今作は父を殺めた母の息子の話だ。被害者の息子であり加害者の息子でもある。人は魔が差し 「ライトに文芸始めませんか」イベントに乗り読んでみました。昨今、巷には家族を殺めるという哀しいニュースが溢れている。今作は父を殺めた母の息子の話だ。被害者の息子であり加害者の息子でもある。人は魔が差したというが魔が差すとはどういうことなのか。殺人者の血をひく自分もいつか人を殺めてしまうのかという苦悩が綴られている。ライトノベルということで、重いテーマのわりに主人公の力になってくれるのが、人ではなく妖し達と気負うことなく読めるのが良かった。主人公が気持ちにどう折り合いをつけていくのか続編も読みたくなった。 …続きを読む
    よむよむ
    2019年02月12日
    96人がナイス!しています
  • 母が父を殺害する事件を起こし、叔母の住む小樽に単身移住したロシア系クオーターの少年淡井ルカは、事故死した叔母のお気に入りだったパン屋を訪れる。その帰り、いじめっ子の命令で廃屋の中へ足を踏み入れ不気味な 母が父を殺害する事件を起こし、叔母の住む小樽に単身移住したロシア系クオーターの少年淡井ルカは、事故死した叔母のお気に入りだったパン屋を訪れる。その帰り、いじめっ子の命令で廃屋の中へ足を踏み入れ不気味な老婆に襲われたルカだが、彼を救い出してくれたのはパン屋の店員で…。『櫻子さんシリーズ』の太田先生が描く、人ならざる者が醸し出す恐怖と温かなパンの香り漂うあやかしホラーミステリー。悪霊の少女の花婿になる呪いを解除するため、パン屋の主人の渚を含めた人外の者達が暮らす洋館での同居生活を始めたルカの苦悩と成長が見所。 …続きを読む
    スズ
    2018年08月12日
    91人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品