涙雨の季節に蒐集家は、 あなたがくれた約束

涙雨の季節に蒐集家は、 あなたがくれた約束

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

label
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2022年06月10日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784041126455
label

涙雨の季節に蒐集家は、 あなたがくれた約束

  • 著者 太田 紫織
  • 定価: 円 (本体円+税)
発売日:
2022年06月10日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784041126455

ロングヒット「櫻子さん」シリーズ著者が描く、遺品にまつわる切ない謎

旭川に金色の雨が降った日、青音(あおと)は「悪魔」に出会った。
その記憶が残る地で再出発した青音は、遺品整理の仕事にやりがいを感じ始める。
早逝した父親と仲良し家族の「約束の地」。
幼馴染の菊香が胸に秘めた、親子の絆への不安。
謎を解くたび、人一倍共感性が高い青音は心揺れ、
自分がカウンセラーの紫苑に依存していることに気付く。
彼は「悪魔」かもしれないのに。
そしていよいよ、あの日の真相が明らかに。
クライマックスの第三弾!
旭川に金色の雨が降った日、青音(あおと)は「悪魔」に出会った。
その記憶が残る地で再出発した青音は、遺品整理の仕事にやりがいを感じ始める。
早逝した父親と仲良し家族の「約束の地」。
幼馴染の菊香が胸に秘めた、親子の絆への不安。
謎を解くたび、人一倍共感性が高い青音は心揺れ、
自分がカウンセラーの紫苑に依存していることに気付く。
彼は「悪魔」かもしれないのに。
そしていよいよ、あの日の真相が明らかに。
クライマックスの第三弾!

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

  • ニコニコカドカワ祭り2023

もくじ

プロローグ 7
第壱話 まっすぐ空へ  11
第弐話 あなたがくれた約束 131
エピローグ 275

「涙雨の季節に蒐集家は、 あなたがくれた約束」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 先日、読み友さんがコメントに挙げられていた「天に続く道」の写真を見せて頂いて、北海道の雄大さと登場人物までもがいい人・・紫苑までもがと。これで終わりかと思えば・・どうやらもっと奥が深かったようです。青 先日、読み友さんがコメントに挙げられていた「天に続く道」の写真を見せて頂いて、北海道の雄大さと登場人物までもがいい人・・紫苑までもがと。これで終わりかと思えば・・どうやらもっと奥が深かったようです。青音の気持ちも菊香の気持ちも一応晴れた。望春さんも落ち着いた。なのにゾワゾワするのはなぜでしょう。こんなに素敵な葬儀屋さんのお世話になりたいと思うのに京都にはない。うん、実際これほどアフターケア万全の葬儀屋さんなんて本の中だけでしょうね。4月不用品始末しますという会社に📞したらなんと!敷布団2枚で2万円也と。 …続きを読む
    はつばあば
    2023年08月14日
    46人がナイス!しています
  • 早逝した父親と仲良し家族の絆を描く第壱話は、これまで読んできた太田作品で一番感動したエピソードでした。そんな心温まる前半から、菊香が青音に打ち明けた親子の絆についての不安を描いた第弐話は、青音のトラウ 早逝した父親と仲良し家族の絆を描く第壱話は、これまで読んできた太田作品で一番感動したエピソードでした。そんな心温まる前半から、菊香が青音に打ち明けた親子の絆についての不安を描いた第弐話は、青音のトラウマにも触れることことになり一転して緊張感が高まりました。「家族」のあり方、親子のあり方は様々であると再認識させられましたね。さて、青音が出会った「悪魔」の正体が判明し謎が一つ解かれましたが、『櫻子さん』と同じ世界線であることが分かり、このことが新たな謎を呼んだように思えます。続きを楽しみにしています。 …続きを読む
    芳樹
    2023年01月17日
    39人がナイス!しています
  • かつての記憶が残る地で再出発して、遺品整理の仕事にやりがいを感じ始めていた青音。いろいろなことが繋がってついにあの日の真相が明らかになる第三弾。早逝した父親と仲良し家族の約束の地、幼馴染の菊香が胸に秘 かつての記憶が残る地で再出発して、遺品整理の仕事にやりがいを感じ始めていた青音。いろいろなことが繋がってついにあの日の真相が明らかになる第三弾。早逝した父親と仲良し家族の約束の地、幼馴染の菊香が胸に秘めていた親子の絆への不安、そして新聞記者から話を聞いたことで生まれた懸念。謎を解くたびに人一倍共感性が高い青音は心が揺らいで、それでも真摯に向き合って寄り添おうとする彼の姿勢があって、だからこそ乗り越えられたこともあったんですかね。過去の真相も明らかになりましたけど、人それぞれに違う愛の形が印象に残りました。 …続きを読む
    よっち
    2022年08月01日
    38人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品