試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2021年06月15日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784041115268

涙雨の季節に蒐集家は、

  • 著者 太田 紫織
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2021年06月15日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784041115268

旭川で、遺品整理士見習いと涙コレクタ ーが贈る、新感覚謎解き物語!

雨宮青音(あまみや あおと)は、大学を休学し、故郷の札幌で自分探し中。
そんなとき、旭川に住む叔父の訃報が届く。
そこは幼い頃、悪魔のような美貌の人物の殺人らしき現場を見たトラウマの町だった。
葬送の際、遺品整理士だという望春(みはる)と出会い、青音は驚く。
それはまさに記憶の中の人物だった。
翌日の晩、伯父の家で侵入者に襲われた青音は、
その人に救われ、奇妙な取引を持ち掛けられて……。
遺品整理士見習いと涙コレクターが贈る、新感覚謎解き物語!
  • カドフェス2021
    カドフェス2021

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「涙雨の季節に蒐集家は、」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 「遺品整理士」という立場から、人の”死”と死者の残した”遺品”に向き合うことによって、”家族”とは一体どういうものなのか、そのあり方を問う作品なのではないかと思いました。主人公の大学生・青音がとても繊 「遺品整理士」という立場から、人の”死”と死者の残した”遺品”に向き合うことによって、”家族”とは一体どういうものなのか、そのあり方を問う作品なのではないかと思いました。主人公の大学生・青音がとても繊細で感受性が強いので、彼の感情の動きの激しさに自分も一緒に揺さぶられ、心の中の何かがガリガリ削られるように感じてしまいました。『櫻子さん』と同じ旭川が舞台の作品で、今回はまさに序章。タイトルにある『蒐集家』も謎に富んだ人物であり、今後物語がどう展開されていくのか予想できません。期待の新シリーズです。 …続きを読む
    芳樹
    2021年06月18日
    22人がナイス!しています
  • 太田さんの新作。青音の自己肯定感の低さの理由が最後に分かる。紫苑が何故1人で家から出れないのか気になった。 太田さんの新作。青音の自己肯定感の低さの理由が最後に分かる。紫苑が何故1人で家から出れないのか気になった。
    もみっち
    2021年06月17日
    4人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品