試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2018年07月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
400
ISBN:
9784041070116

東京結合人間

  • 著者 白井 智之
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2018年07月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
400
ISBN:
9784041070116

”鬼畜系特殊設定パズラー”が放つ、異形の本格推理。

一切嘘がつけない結合人間=”オネストマン”だけが集う孤島で、殺人事件が起きた。容疑者たちは“嘘がつけない”はずだが、なぜか全員が犯行を否定。紛れ込んだ”嘘つき”はだれなのか――。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「東京結合人間」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 嘗て単行本を図書館から借り、1Pめからのおぞましさに5Pほど頑張ってから、そっと本を閉じて返却した本に再び挑戦。絶海の孤島で起きる殺人事件。島にいる者たちは全員「絶対に嘘がつけない」人間。その「嘘がつ 嘗て単行本を図書館から借り、1Pめからのおぞましさに5Pほど頑張ってから、そっと本を閉じて返却した本に再び挑戦。絶海の孤島で起きる殺人事件。島にいる者たちは全員「絶対に嘘がつけない」人間。その「嘘がつけない」状況を作る為のとんでもなくぶっ飛んだ設定。まさに奇才。くるくる入れ替わる探偵役、めまぐるしく披露される多重推理に目が回る。そしてとにかくグロい。一片の優しさもなし、の冷酷さ。これに比べるとあの「粘膜」シリーズが人情本に感じられるわ。 …続きを読む
    みっちゃん
    2019年05月06日
    144人がナイス!しています
  • ★★★☆☆白井作品2冊目。初読となった新作『そして誰も死ななかった』が面白かったので手に取ったが『そして〜』は白井さんの作品群では割とホワイトだと痛感。でも共通するのはこんな事良く考えるなという著者の ★★★☆☆白井作品2冊目。初読となった新作『そして誰も死ななかった』が面白かったので手に取ったが『そして〜』は白井さんの作品群では割とホワイトだと痛感。でも共通するのはこんな事良く考えるなという著者の発想力がド肝級!挫折者多数と聞いてたので心してページを捲る一行目に飛び込んできたのは[大樹の締まった肛門に、千果の人差し指がゆっくりと押し入ってきた]そっち?でもこれが本書の大事な肝であり、エログロゲスのSF展開を経て、独特の孤島クローズド・サークルへ。万人にオススメは出来ない😅けど他作品も読んでみよう。 …続きを読む
    ちーたん
    2019年12月08日
    73人がナイス!しています
  • 読み始めはアンダーグラウンドな変態SF小説かと思いました(笑)。プロローグから寺田ハウス、無人島と繋がりがみえず展開の予測がよめませんでした。無人島パートは意外に本格のミステリで驚きました。次々おこる 読み始めはアンダーグラウンドな変態SF小説かと思いました(笑)。プロローグから寺田ハウス、無人島と繋がりがみえず展開の予測がよめませんでした。無人島パートは意外に本格のミステリで驚きました。次々おこる事件や密室のトリックは仮説につぐ仮説で真相は謎。結合人間やオネストマンという特異な設定が真相究明の壁になり鍵になっています。伏線も張り巡らされていて複雑にして緻密。エログロ苦手な方にはあまりおススメできませんが衝撃的な異色のエログロミステリでした。[共読反映の為登録] …続きを読む
    p.ntsk@時々覗いてます
    2019年05月18日
    73人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品