角川文庫

人間の顔は食べづらい

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2017年08月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
352
ISBN:
9784041056134
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

角川文庫

人間の顔は食べづらい

  • 著者 白井 智之
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2017年08月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
352
ISBN:
9784041056134

異形の本格推理が炸裂する! 横溝賞史上最大の“問題作”、禁断の文庫化。

「お客さんに届くのは『首なし死体』ってわけ」。安全な食料の確保のため、“食用クローン人間”が育てられている日本。クローン施設で働く和志は、育てた人間の首を切り落として発送する業務に就いていた。ある日、首なしで出荷したはずのクローン人間の商品ケースから、生首が発見される事件が起きて――。異形の世界で展開される、ロジカルな推理劇の行方は!? 横溝賞史上最大の“問題作”、禁断の文庫化!
文庫特別書き下ろし掌編に加え、道尾秀介の解説も収録。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「人間の顔は食べづらい」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 思ったよりよかった。法律によって人間のクローンが食用として認められている社会で起こる殺人事件をめぐるミステリー小説。中盤あたりはいろいろな人が探偵役になって謎を引っ張り続けるのでモヤモヤ感が続くが、最 思ったよりよかった。法律によって人間のクローンが食用として認められている社会で起こる殺人事件をめぐるミステリー小説。中盤あたりはいろいろな人が探偵役になって謎を引っ張り続けるのでモヤモヤ感が続くが、最後の最後ですべてのなぞがひとつにつながり、解決する。驚きを得たいなら、いろいろな意味で末尾にある解説は目にしないほうがいいかもしれない。ちなみに著者は東北大学出身で、宮城県が舞台になっている。 …続きを読む
    徒花
    2018年07月09日
    240人がナイス!しています
  • なかなか衝撃的なタイトルと設定!中身は至極、真っ当な本格もの。近未来の日本が、人間の食用クローン培養が法的に認められた社会になった世界を舞台とした、容疑者として追い詰められる主人公を筆頭に、その場にい なかなか衝撃的なタイトルと設定!中身は至極、真っ当な本格もの。近未来の日本が、人間の食用クローン培養が法的に認められた社会になった世界を舞台とした、容疑者として追い詰められる主人公を筆頭に、その場にいた人達が繰り広げられる推理合戦。推理しては覆されるを繰り返して、一体、誰が「探偵」として、この事件を解決するのかが興味深かった!カニバリスム、生首、エログロ描写など目を背けたくなる要素頑張りますね、いっぱいにあるのに読み進めてしまう!でも当分は焼肉のたれは食べたくない! …続きを読む
    タカユキ
    2019年05月16日
    100人がナイス!しています
  • 設定は下衆いしグロいけれど、実に見事なミステリーだ!感染力の強いウイルスにより肉食が困難となった世界。抗ウイルス薬が効くのは人間のみ。そこで打ち出された国家政策がヒトクローンの食肉への利用だった。反対 設定は下衆いしグロいけれど、実に見事なミステリーだ!感染力の強いウイルスにより肉食が困難となった世界。抗ウイルス薬が効くのは人間のみ。そこで打ち出された国家政策がヒトクローンの食肉への利用だった。反対派の政治家の死。政策の首謀者である政治家に送られたクローン死体と生首。工場の爆発テロ。発送部門で働く柴田は潔白を訴え、探偵・由島三紀夫、風俗嬢や柴田が密かに飼うクローンのまことしやかな推理合戦が始まる。そして、叙述トリックの妙!してやられた感満載のラスト!虐げられた者達の革命はなんと胸がすく思いがするものか。 …続きを読む
    ももっち
    2017年10月08日
    86人がナイス!しています

powered by 読書メーター

著者紹介

白井 智之

1990年千葉県印西市生まれ。2014年に『人間の顔は食べづらい』が第34回横溝正史ミステリ大賞の最終候補作となり、同作でデビュー。
他の著書に『東京結合人間』『おやすみ人面瘡』。

最近チェックした商品