おやすみ人面瘡

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2016年10月01日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
264
ISBN:
9784041046289

おやすみ人面瘡

  • 著者 白井 智之
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2016年10月01日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
264
ISBN:
9784041046289

グロテスクな世界観と論理的推理で組み上げられる、狂気の本格推理。

全身に“脳瘤”と呼ばれる“顔”が発症する奇病“人瘤病”が蔓延した日本。人瘤病患者は「間引かれる人」を意味する「人間」という蔑称で呼ばれ、その処遇は日本全土で大きな問題となっていた。そんな中、かつて人瘤病の感染爆発があった海晴市で殺人事件が起きる。墓地の管理施設で人瘤病患者の顔が潰され、地下室では少女が全身を殴打され殺されていたのだ。容疑者は4人の中学生。さらに、事件の真相を見抜いた男は、逆上した容疑者のひとりに突き飛ばされ、机の角で頭を打って死亡してしまった……かと思いきや、死んだはずの探偵の身体に発症した、いくつもの“顔”が喋り始め――。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「おやすみ人面瘡」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • このミス、本ミスのランキング作品でとりあえず一番興味が沸いた一冊。かなり面白かったが、ジンタの状態?が良く理解出来ない。『人間』の正しい読み方も謎。というかややこしい。人間ヘルスの首の上に乗って踏みつ このミス、本ミスのランキング作品でとりあえず一番興味が沸いた一冊。かなり面白かったが、ジンタの状態?が良く理解出来ない。『人間』の正しい読み方も謎。というかややこしい。人間ヘルスの首の上に乗って踏みつけるプレイというのも体勢がイメージしづらい等々、描写をもうちょっと磨いて欲しいと感じる場面は多い。この世界観に紛らせているからなんとなく許容してしまうが、仕掛けられているトリックは割と失笑もの。そういうところは飛鳥部勝則『堕天使拷問刑』と同じ匂いがした。登場人物がもっととち狂って突き抜けていても良い。 …続きを読む
    W-G
    2016年12月24日
    309人がナイス!しています
  • 『人瘤病。ウイルス性。人の顔をした瘤となって身体の至るところに現れ、廃人同様となっても生命は維持。切除は瘤の数を悪戯に増やすだけであるため禁止。他人の咳に過剰に反応し、尋常ならぬ暴れ方をする特徴あり。 『人瘤病。ウイルス性。人の顔をした瘤となって身体の至るところに現れ、廃人同様となっても生命は維持。切除は瘤の数を悪戯に増やすだけであるため禁止。他人の咳に過剰に反応し、尋常ならぬ暴れ方をする特徴あり。良性と悪性があるがほぼ悪性。』またも桁外れにエキセントリックな世界観を構築しながら、徹底的に作り込まれた設定が実に見事だ。そして、この設定だからこそ成立しうるトリックとロジックは斬新、且つ本格としての満足度も非常に高い。グロ描写に目を奪われがちだが、実は悲しき愛の物語であるという、カタルシスに於いても秀逸。 …続きを読む
    🐾Yoko Omoto🐾
    2016年11月24日
    167人がナイス!しています
  • この作品に好き嫌いを問われたら涙目で「好きではない…」と答える…それでも渋面つくりながら必死に読んだことに間違いはない。それにしてもココ稀に見る痛み苦しみ味わう辛い読書だった…全身に人の顔をした瘤がで この作品に好き嫌いを問われたら涙目で「好きではない…」と答える…それでも渋面つくりながら必死に読んだことに間違いはない。それにしてもココ稀に見る痛み苦しみ味わう辛い読書だった…全身に人の顔をした瘤ができる奇病“人瘤病”、そこから極まるバイオレンス展開に戦慄のグロさ、さらに加わる下品と低俗の乱発に気持ち打ちひしがれるばかり…ただ、このぶっ飛び難解な設定や事柄が最後には細部まで全て活かされるから始末に負えない!今作には感心させられるも爽快は味わえず今なお残るのは虚脱感のみ…でもまた白井さんは多分読むはず(笑) …続きを読む
    nobby
    2019年12月07日
    130人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品