試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2022年01月21日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
352
ISBN:
9784041121627

そして誰も死ななかった

  • 著者 白井 智之
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2022年01月21日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
352
ISBN:
9784041121627

五人全員が死んだとき――本当の「事件」が始まる。

覆面作家・天城菖蒲から、絶海の孤島に建つ天城館に招待された五人の推理作家。やがて作家たちは次々と奇怪を死を遂げ、そして誰もいなくなったとき、本当の「事件」の幕が開く。特殊設定ミステリの真骨頂!

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「そして誰も死ななかった」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • いわゆる本格ミステリ。あるいは鬼畜系特殊設定パズラー。だ〜れも死んでいないのに、かの名作”そして誰もいなくなった”を展開してしまう著者のセンス。鬼才すぎて脱帽。エログロゲロゲエロ。鬼才すぎん?人を選び いわゆる本格ミステリ。あるいは鬼畜系特殊設定パズラー。だ〜れも死んでいないのに、かの名作”そして誰もいなくなった”を展開してしまう著者のセンス。鬼才すぎて脱帽。エログロゲロゲエロ。鬼才すぎん?人を選びすぎて本書を誰にオススメできようか?いやオススメできない。エログロゲロゲエロ。これを読了した後の夕飯に、嬉々として”まぜそば”を完食するくらいには空腹を持て余していないと受付は無理。ハングリー精神の結晶。エログロゲロゲエロ。白井智之とちょこりり、やっぱり出会ってはいけない作家と読者が出会ってしまった。 …続きを読む
    ちょこりり@あかめ
    2022年01月30日
    75人がナイス!しています
  • 絶海の孤島に集まった5人の推理作家。覆面作家に招待され天城館に集まるのだが、クルーザーの故障により帰りの燃料がない。まさに王道ミステリー。その島で繰り広げられる殺人で次々と死んでいく...と思ったらこ 絶海の孤島に集まった5人の推理作家。覆面作家に招待され天城館に集まるのだが、クルーザーの故障により帰りの燃料がない。まさに王道ミステリー。その島で繰り広げられる殺人で次々と死んでいく...と思ったらこれは新しい展開。そんなことあるか?と思うが、ここでは何でもアリだ。グロ描写が大丈夫でブラックだけど、ミステリーが好きなら読んでみてほしいな。でも王道ミステリーをこよなく愛する人はこれを読んだらどう感じるのだろう?と疑問に思うけど。一番困ったのは登場人物の名前の読み方。メモって何度も確認しながら読んだけど。 …続きを読む
    キンモクセイ
    2022年02月04日
    52人がナイス!しています
  • 絶海の孤島、条(サナダ)島に集められた五人の男女。招待状の差出人は天城菖蒲。招待主が現れないまま、やがて…。アンソロジーで短編を、長編は初めて。なのでグロいのは覚悟の上。特殊なルールの中で二転三転、グ 絶海の孤島、条(サナダ)島に集められた五人の男女。招待状の差出人は天城菖蒲。招待主が現れないまま、やがて…。アンソロジーで短編を、長編は初めて。なのでグロいのは覚悟の上。特殊なルールの中で二転三転、グロキモい状況が伏線となって解決したのかなと思いきやまたしても転がされて。途中からグロキモい場面を考えてるのが可笑しくなってきて。でもこの流れでの動機がなんか純粋過ぎるような気がしてミスマッチな感じ、もっとガツンとぶっ飛んだのがよかったかなぁ。にしてもあの設定で繰り広げられるロジックは面白かったです(^_^*) …続きを読む
    いっくん
    2022年02月08日
    36人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品