試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2019年09月21日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
336
ISBN:
9784041084359

おやすみ人面瘡

  • 著者 白井 智之
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2019年09月21日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
336
ISBN:
9784041084359

仰天の特殊設定×綿密な本格推理=驚異のどんでんがえし!

かつて全身に脳瘤と呼ばれる顔が発症する奇病“人瘤病”の感染爆発があった海晴市。そこで2人の人瘤病患者が殺害される事件が起きる。容疑者は中学生四人。探偵は真相を暴くべく推理を披露するが――。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「おやすみ人面瘡」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 全身に顔が出てくる奇病が蔓延し\人間\という言葉が別の意味合いの世界での殺人事件。なかなか事件が起きないので、今回もぶっとんだ世界観が面白いなと思いながらもダレかけましたが、事件が起きてからは推理推理 全身に顔が出てくる奇病が蔓延し\人間\という言葉が別の意味合いの世界での殺人事件。なかなか事件が起きないので、今回もぶっとんだ世界観が面白いなと思いながらもダレかけましたが、事件が起きてからは推理推理推理!伏線回収回収!これでもかと畳み掛けるラストで凄かったです。特に冒頭から繋がる教室での推理劇と車から出てきた死体の状態の理由に驚きました。ミステリで定番の顔がつぶされた死体も出てくるけど、こんなトリックは後にも先にも絶対ないと思う。こんな構成の話を一体どの部分から考えるのか、とても気になります。 …続きを読む
    うまる
    2021年03月23日
    32人がナイス!しています
  • 人面瘡ありきのミステリ。人の顔の形をした傷ができるウィルスが蔓延した世界というのが凄すぎて、何作でも作れそう。冒頭のシーンが回収されて、もう一捻りってのはもう上手い。 人面瘡ありきのミステリ。人の顔の形をした傷ができるウィルスが蔓延した世界というのが凄すぎて、何作でも作れそう。冒頭のシーンが回収されて、もう一捻りってのはもう上手い。
    hnzwd
    2019年11月09日
    26人がナイス!しています
  • デビュー作『人間の顔は食べづらい』を皮切りに次々と個性的、いやむしろ独創的すぎる新世代型ミステリーを産み出し続けている作家・白井智之氏。その氏による三作目の長編が遂に文庫化。というワケで、白井智之氏の デビュー作『人間の顔は食べづらい』を皮切りに次々と個性的、いやむしろ独創的すぎる新世代型ミステリーを産み出し続けている作家・白井智之氏。その氏による三作目の長編が遂に文庫化。というワケで、白井智之氏の『おやすみ人面瘡』を読了。 …続きを読む
    みんち
    2019年11月16日
    21人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品